動物園の人気者 いくらで飼える?

動物園の人気者 いくらで飼える?
動物好きな方であれば、動物園にいる生き物を飼って一緒に暮らしてみたい、と考えたことがあると思います。

ここでは、実際にそれらの動物たちを購入する際の価格、飼育についてご紹介します。
あなたのお気に入りの動物のお値段は一体おいくらでしょうか。


動物園の人気者 いくらで飼える?

 

1.ライオン:5万円~150万円

ライオン
最初にご紹介するのは、やはり、百獣の王『ライオン』です。
王様だけあって、そのお値段も王様にふさわしいのだろうと思いきや、5万円から購入できる個体もいるのです。
思いのほか低価格の理由としては、動物園で余剰個体となってしまったライオンが低価格で取り引きされるためです。

なお、ライオンの子供(幼獣)は100〜150万円で購入できます。

ライオンの生体自体はなんとか購入できそうな価格ですが、実際に飼育するとなると、やはりそれなりに費用がかかってしまいます。
飼育に必要な条件を簡単に挙げると

  • 飼育する檻
  • エサ代
  • 特定動物の飼養許可

となります。

飼育する檻は自治体によって差があるのですが、50平方m×高さ3m程の広さで、鉄筋コンクリートで作られた檻が最低限必要です。
土地代+建築費を考えると、初期費用は数千万円かかることが想定されます。
エサ代は7.5万円/月で、年間約90万円かかります。
かつ、お住まいの自治体に飼育の許可を取る必要があるのですが、前述の規定を満たした檻がないとこの許可は得られません。

このように、ライオンの飼育は設備さえ整えれば意外と現実的な価格で可能と言えます。

 

2.ゾウ:3,000万円

ゾウ
続いてご紹介するのは、ゾウです。
陸上最大の動物であり、動物園の人気者です。
その巨体にふさわしく、お値段は約3,000万円とされています。
一説には、1,000万円とも言われておりますが、おそらく飛行機での輸送の費用なども含めると3,000万円だと考えられます。
ゾウの体重は3〜5t、子ゾウでも1tと大変な重さなので、移動にかかる費用がかさむのもうなずけます。

さらに、飼育するにはそれなりの広さが求められます。
そしてエサ代はひと月あたり、約45万円。
ゾウは、野菜・果物・草・葉などを1日に150キロ必要とします。
加えて、ゾウは1日に100リットルもの水を飲みます。この量は一般家庭の風呂の1/2杯分に相当します。

ゾウは、とても知能が高く、死の概念を持っていると言われており、仲間の死を偲ぶような仕草を見せることもあるそうです。
つまり、仲間意識も強いので、一緒に暮らす人とのコミュニケーションも大変重要です。

なお、補足ですが、現在はワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)によって、学術目的(動物園・大学などでの展示・研究・繁殖など)以外での取り引きが禁止されているので、個人で購入することはできない情勢となっています。

 

3.キリン:1,000万〜1,400万円

キリン
次にご紹介するキリンも動物園の人気者ですね。
印象的な長い首、個性的なツノ、黒く澄んだ瞳で多くの人の視線を釘づけにします。

キリンは、ワシントン条約に引っかからないので、現在も学術目的以外でも購入が可能な動物です。
そのお値段は、純血で1,000万〜1,400万円、雑種で300万〜500万円とのこと。
キリンに雑種?キリンはキリンなのでは?と思われた方もいらっしゃるでしょう。
実際のところ、キリンには9種も亜種が存在し、その亜種間で混ざって雑種となるようです。

動物園の場合は、種の保存の役目も担っているため、血統にはこだわります。そのため、動物園にいるのは純血のキリンであると思ってよいでしょう。

そして、飼育にかかるエサ代は、ひと月あたり約10万円。
ゾウに比べると格安ですね!
必要な水分量も、通常(野生下では)は木の葉に含まれる水分だけで暮らしていけるのですが、飼育下では野菜以外のものも与えることを考えると、水分を別途与える必要があるでしょう。
ゾウほどではないにせよ、たっぷりを水を用意してあげたいものです。

キリンも、ゾウに匹敵する巨体の持ち主なので、飼育スペースは相当の広さが必要です。

なお、キリンは睡眠時間がとても短く、1日あたりの平均睡眠時間は1.9時間と哺乳類最短を誇ります。
その中で過酷なサバンナを生き抜くのですから、タフな生き物です。

しかも、その見た目とは裏腹に、凶暴な一面も持ちます。百獣の王ライオンを蹴り殺すこともあり、空を飛んでいた鳩をそのまま空中で捉えて食べたという記録もあります。

しっかりを愛情をもって飼育し、信頼関係を築いていくことが重要です。

 

あとがき

ここまでの長文をお読み下さり、ありがとうございます。

動物園を代表する人気者を個人で飼育するには、費用はもちろん、飼育スペースがかなり重要です。
彼らにも命や感情があり、幸せな一生を全うさせてあげる必要があるのは言うまでもありません。
しかし、愛情をかけてあげれば、それ以上の喜びを返してくれるのが動物です。
ご興味がある方は、ぜひご検討ください!!

以上、「動物園の生き物 いくらで飼える?」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。