WAONを使う4つのメリット!

WAONを使う4つのメリット!

流通業界最大手のイオン、皆さんも利用した事はあると思います。
そこで発行している電子マネー、WAONはご存知でしょうか?

WAONを使うとこんなにも便利で、お得なことを皆さんにお伝えしたいと思います!

これからWAONについて簡単にご紹介し、みなさんがWAONを使って頂くきっかけになれば幸いです。

⇒ WAON公式サイト

 

WAONとは?

イオングループが提供する電子マネーの名称で、2007年から運用を開始しました。
WAON機能だけの単体WAONをはじめ、クレジット一体型のWAONや銀行機能に付随したWAONもあり、多様な形態で利用できる電子マネーです。

最も基本的な使い方は現金をWAONにチャージ(入金)して、チャージ金額の範囲内でお買い物するという方法。

「WAONを含む電子マネーの最大のメリット」は、スピーディなお買い物ができるという点です!!

レジで小銭を出すのに手間取ったり、お釣りを紙幣と硬貨で受け取ってそれを財布にしまうのは、意外と時間がかかるもの。

電子マネーなら、決済時にカードをレジの端末にかざすだけで買い物終了です。

この手軽さは一種の快感でもあります。

 

ポイントが付く

WAONで買い物をすると、200円につき、1円分のWAONポイントが付きます。

付与率としては0.5%と高い値ではないですが、イオン系列店舗でキャンペーンを頻繁に行っています。キャンペーン時にWAONで決済するとポイント付与率がアップしたり、5%OFFだったりと非常にお得なカードになるのです!

 

オートチャージを利用するとさらにお得!

WAON機能が付いているカードのラインナップは非常に多いのですが、その中でもイオンクレジット、イオン銀行キャッシュカード、WAON機能が一つになった「イオンカードセレクト」がお得です。オートチャージを利用すると、お買い物をする時だけでなく、イオン銀行口座からWAONへオートチャージするときにも、200円毎に1WAONポイントが付与されます。

つまり他のWAONのカードより、2倍もポイントが付きやすいのです。

イオンカードセレクトでオートチャージを利用すると、お買い物の都度、自分でチャージしなくても、口座からWAONに自動チャージしてくれるので非常に便利です。

 

チャージ限度額

WAONで買い物すると、便利で、ポイントも付く。
それは理解して頂けたと思うのですが、いくらまで使えるのか?という所も使用する上で大事なポイントですね。

WAONのチャージ限度額は2つあります。
単体WAONは初期で20000円、イオンバンクカード、イオンカードセレクトというイオン銀行機能付きのWAONは50000円となっています。

限度額20000円のWAONも、イオン系列店舗内にあるWAONステーションという端末でチャージ限度額を50000円まで引き上げることができます。

また、1回にチャージできる金額にも上限があり、20000円枠の場合は20000円、50000円設定の場合は1回のチャージ可能額は29000円まで、となっています。
チャージ限度額まで入金したい場合は、複数回に分けてチャージすればOKです。

 

利用可能なお店が増えている

WAONのサービス開始当初は、利用できるのは主にイオン系列店舗だけでしたが、今ではファミリーマートや、吉野家、マクドナルド、ビックカメラ、コスモ石油など、使えるお店が順調に増えています。

WAONの利用ができるコンビニエンスストアを挙げていくと

  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • ココストア
  • ポプラ
  • ローソン

2015年12月15日から、コンビニ業界第2位のローソンでの利用が可能になり、今後さらに使い勝手が良くなるでしょう。
さらに、ローソンでの決済時にPONTAカードの提示でPONTAポイントも付与されるので、非常にお得です。

他の電子マネーとの棲み分けなどの要素も関わってくるとは思いますが、今後も利用できる場所が増えていくと思われます。

 

あとがき

電子マネーは、これからもさらに生活に密接に関わるサービスだと思います。
実際に使ってみるまでは少し抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、使ってみると本当に便利で快適なサービスです。
これを機に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

以上、
「WAONを使う4つのメリット!」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。