富裕層だけが持つ最強のクレジットカード

さよなら一般人!選ばれし富裕層が持つクレジットカード

クレジットカードはまさに星の数ほど存在します。でも、ほとんどの方はそれを単なるお買い物のツールとして利用しているだけでしょう。
しかし、最高級のクレジットカードは、ショッピングだけにはとどまらない極上のサービスにあふれているのです。
最上の暮らしを「クレジットカード」の視点から紹介します。

富裕層だけが持つ最強のクレジットカード

 

1.限度額1億円は存在するのか?

クレジットカードでは、利用できる金額の枠【限度額】が、審査によって設定されます。
一般カードの限度額は、通常20万円~100万円が相場です。普通の人であれば、はじめてのクレジットカード発行時には限度額は20万円で、使っていくうちに枠が増額されたり、要望することで(要審査)上がっていきます。

ゴールドカードも、一般カードと限度額の構造は同じですが、はじめから限度額の枠が違います。一般的にゴールドカードの場合は、50万円~200万円が相場と言われています。

さらに上のランクである、プラチナカードの限度額は、最低でも200万円以上。各社によって設定される基準に違いがあるものの、年収など属性値によってさらに限度枠は増額されています。
それでも、一般的に限度額は1000万円まで、と言われています。

ランクごとの限度額の相場

  1. 一般カード   20〜100万円
  2. ゴールドカード 50〜200万円
  3. プラチナカード 200〜1000万

では、限度額1億円のカードはどういうものなのでしょうか?
プラチナの上位クラスとして発行されているブラックカードであれば、限度額1億円を実現できるのです!
ブラックカードとは、カードの券面がブラックであることが多いですが、最上位のグレードの通称であり、実際にカードの券面がブラックとは限りません。

ブラックカードは「戦車でも買える」と言われ、限度額がないというイメージもありますが、〔利用限度額の設定に上限がない〕というだけで、個別に限度額の設定があります。
逆に言うと、クレジット会社所定の条件をクリアしていれば、限度額1億円を実現できるのです!
ただし、年収が数十億円であることは必須です。

 

2.世界最高クラスのカードはコレ

ブラックカードは、複数のクレジット会社が発行を行っていますが、その歴史は意外と浅いのです。このカードのグレード制を採用したのがAmexで、アメリカでは1999年、日本では2002年から始まっています。
今回は、その中でも最上級のカードをご紹介します。
それはズバリ、American Express(Amex)の最上級のカード、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(American Express Centurion Card)です!
※『センチュリオン』とは、古代ローマの百人隊の隊長の意味。

本来『ブラックカード』とは、Amexのセンチュリオンカードのことを指しています。
つまり、アメリカンエキスプレスセンチュリオンこそが、本物のブラックカードであると言えるのです。
そして、その年会費も別格、年会費は36万7,500円!! 国際ブランド会社としてAmerican Expressと双璧をなすダイナースの最上級カード(ダイナースクラブプレミアムカード)の年会費は10万円ですから、その3倍以上と他の追随を許しません。

 

3.圧巻のコンシェルジュサービス

American Expressのプラチナカード、ブラックカード所有者には専任担当者(コンシェルジュ)が付き、24時間365日いつでもサポートをしてくれます。(ただし、専任担当者に取り次げるのは10:00~18:30と決められています)
アメックスのコンシェルジュは、『NOと言わないサービス』として知られており、あらゆる希望に対応してくれるのです。
その丁寧さも評判で、専用コンシェルジュデスクが使えるだけでも年会費以上の価値があるという評価も多いです。

専任コンシェルジュには、旅行担当の「トラベルコンシェルジュ」と、日常のショッピングや食事を担当する「パーソナルコンシェルジュ」の2人が付いてくれるそうです。
わかりやすくまとめると

トラベルコンシェルジュ

  • ○月×日▽●行きの空港チケットを予約して欲しい
  • 旅先で迷ってしまった場合の道案内を頼みたい
  • 旅先で怪我をした際の良い医者を紹介して欲しい

パーソナルコンシェルジュ

  • 明日は◯◯さんの誕生日だから花束を贈っておいて
  • 今いる場所から徒歩3分以内で、和風のおいしい居酒屋さんを探して欲しい
  • これから都内で乗馬できる場所を探して、あれば予約も入れておいて
  • 遺跡を巡りたいから、プライベートジェットをチャーターできますか?

など、細やかな要望にも対応してもらえるとのこと。もちろん「できません」と言われることもゼロではありませんが、できる限りの対応をしてくれます。

4.とどまることを知らない優遇特典

  1. 飛行機
  2. ホテル
  3. ショップ、レストラン

飛行機

アメックス提携の航空会社では、予約した座席のクラスをアップグレードしてくれます。
エノミークラスを予約しても、空席があれば自動的にビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードしてくれるのです。
さらに驚きなのは年4回までであれば同伴者の飛行機利用が無料になること。
旅行の際、ブラックカード所有がビジネスクラスかファーストクラスのチケットを予約すれば、同伴者は無料で飛行機に乗り、一緒に旅行を楽しめます。
手配も簡単。専任コンシェルジュに一本電話するだけで、すべての飛行機からホテルまで、すべての予約をしてもらえるのです。

ホテル

アメリカンエキスプレスが提携しているホテルへの宿泊時にも、数多くの特典を受けられます。
提携ホテルへ宿泊すると、スイートルームへ無料アップグレードされるのです。

ショップ、レストラン

アメックスが提携している高級レストランやブランドショップは多数あり、中には「一見さんお断り」の飲食店も多いです。
しかし、そんなお店でもブラックカードがあれば、「アメックスからの紹介」で利用できてしまうのです。
予約が難しい人気レストランでも、アメックスブラックカード会員専用のテーブルが1日1席空けられているお店もあるそうです。
ヴィトンやティファニーなど、高級ブランドショップでも優遇されるサービスがあります。
ショップの閉店後、会員様のためだけにお店を開けてくれ、営業時間外に買い物ができるサービスも提供しています。

 

5.ブラックカードを目指すには

アメックスセンチュリオンカードには、審査はありません。
アメリカンエキスプレスからのインビテーション(招待)によってのみ、取得が可能となります。

プラチナカード会員の中から、利用実績及び利用店舗、職業や資産額(年収)などで審査を受けたうえで、選定された人に招待案内が送られるということなので、前提として「プラチナカード」を所有していなければ話になりません。
まず、アメックスプラチナカードを手に入れるためには、ゴールドカードからのインビテーション(招待)が必要となります。そこからさらにプラチナカードの利用実績を重ねて、ようやくブラックカードのインビテーションが届くといった流れです。
しかも、年収や資産額はもちろん、職業や利用店舗も見られるようです。
ただやみくもにカードを使っていればよいわけではなく、高級ホテルや高級レストランなど、「どこでクレジットカードを使ったか?」という履歴も含め、総合的に判断するのだと思います。

このように、ブラックカード取得までには多くの難関が待ち構えていますが、日々の積み重ねで少しずつでも近づいて行きたいものです。

あとがき

手数料、還元率を優先してカードを選択するのも、充実したコンシェルジュサービス、特典を重視して選ぶのも、どちらも正解だと思います。
しかし、今回最上級のカードの世界を垣間見ることで、上質なサービスに強く憧れる自分に気づいてしまいました。
みなさまはどの様に感じたでしょうか?

以上、
「富裕層だけが持つ最強のクレジットカード」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。