汗にありがとう


汗をかくことが苦手だったり、時に心地よいと感じるみなさまへ
あなたの汗は、人間に必要な役目果たしてくれています。
本記事では人間を守ってくれている汗に「ありがとう」の感謝の気持ちを込めた記事をお届けします。

 

汗にありがとう

 

ありがとう

汗に深い感謝をこめて

  • 体温調節をしてくれてありがとう
  • フェロモンを出してくれてありがとう
  • 仲間をみつけてくれてありがとう
  • 体の毒素を排出してくれてありがとう
  • 血液の良き状態へ調整しようとしてくれてありがとう
  • 生活習慣の指標となってくれてありがとう

 

汗がしてくれている役割

汗と聞くと「厄介なもの」というイメージをする方も少なくないかと思います。確かに服が濡れて不快になったり、臭ったりしてしまうかもしれません。
しかし汗には人間に必要な役目があり、もし汗をかかなかったら人間は生きていけません。

《体温調節》

汗の役割は、上がり過ぎた体温を下げて体温を一定に保つ体温調節です。恒温動物である人間は、常に体温を一定に保っておかないと、体の機能が正常に働くことができずに死んでしまいます。
そのため、気温の上昇、運動、病気による発熱などにより体温が上がり過ぎてしまった時、発汗することにより体温を下げて調節をしているのです。汗の水分が、皮膚の上で蒸発する時に体の熱を奪うことにより、体温を下げています。

《仲間の確認》

動物にとって体臭や汗の臭いは仲間の確認や異性を惹きつける役目もあり、本来は人間にも同様の役割があるはずですが、人間にとっての体臭は、嫌われる面の方が大きくなっているとも言えます。
しかし無意識のうちに体臭で相性を判断しているとも言われています。

《デトックス》

人間の皮膚は排泄器官でもあり、汗によって毛穴と汗腺を開き、汗腺から老廃物を出してくれています。汗のおかげで、人間は老廃物をスムーズに排出しやすくしてくれています。

 

体温調節の汗とニオイの原因となる汗

《体温調節》
エクリン腺から出る汗

エクリン腺とは、爪の中、唇以外の体の殆どの部分にあります。そこから出る汗は99%以上が水であり、体温調節のために働いています。残りの1%未満には、ナトリウム、塩素、カリウム、カルシウム、重炭酸イオン、尿素、アンモニアなどが含まれています。

《ニオイの原因》
アポクリン腺から出る汗

アポクリン腺とは、その殆どが脇の下にありますが、耳の穴、外陰部にもあります。ニオイの原因となる汗を出しており、フェロモンのような働きがあります。ワキガ体質の人は、このアポクリン腺が多いと言われています。

 

良い汗と悪い汗

《良い汗》

汗とは血液から作られており、汗が出る時は血液から一旦水分とミネラル分が汗腺に取り込まれます。その後、体に必要なミネラル分は殆どが血液に戻り、水分だけが汗となり外に出ます。よって汗は水のようにサラサラであり無味無臭に近い状態で、これが本来の汗であり「良い汗」です。

《悪い汗》

一方、ミネラル分が血液に戻らず水分と一緒に外に出てしまうと、ベトベトした臭いのある汗になり、これが「悪い汗」です。「悪い汗」になってしまう原因は、運動不足なので普段汗をかかない生活をしていることにより汗腺の働きが悪くなっていることが考えられます。
また血液がドロドロ状態になっていることも原因と考えられます。ベトベトしたニオイのある汗が出る時は、血液の状態が悪いとも言えるので、生活習慣を見直し改善することが大切です。

悪い汗の原因

  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • 不規則な生活

 

感謝を込めてセルフケアしよう

汗に「ありがとう」の気持ちをこめ、汗腺の働きを良くし「良い汗」をかきましょう。
また血液をサラサラにすることも大切です。

《汗をかこう》

汗腺の働きを良くするためには、汗腺を使うことであり、そのためには適度に汗をかくことが大切です。
汗を嫌って常にエアコンに効いた部屋に居たり運動をしなかったりすると、汗腺の働きが悪くなり、いざ汗をかいた時に、ニオイのある汗になってしまいます。

《無理なく汗をかく方法》

  • 適度な運動を心がける
  • エアコンの温度を下げ過ぎない
  • シャワーだけでなく風呂に入る
  • 冷たいものばかりでなく温かいものも飲む

《有酸素運動をしよう》

20分以上のウォーキングなどの有酸素運動をすると、ジワジワと汗をかき、血液もサラサラになります。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ヨガ
  • ストレッチ
  • ダンス
  • エアロビクス

《血液がサラサラになる食品》

血液がサラサラにする食品の頭文字をとった「オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ」という覚え方があります。

  • お茶
  • 海藻類
  • 納豆
  • キノコ類
  • 野菜
  • ネギ類

これらの食品を取り入れることにより、ドロドロ血を防ぎ、生活習慣病の予防ともなり「良い汗」をかくことにもつながります。

 

1日1汗をかく

汗をかくことは人間の元々の体に備わった最高のデトックス方法です。普段の生活の中で運動以外の方法で、感謝の気持ちを持って1日1汗かくことができる方法をご紹介します。

  • 掃除をして汗をかく
  • 通勤・通学時に1駅分歩いて汗をかく
  • 仕事に精を出し脳の汗をかく
  • 必死になって汗をかく
  • 夢中になって汗をかく

大事なことは、感謝の気持ちを持って行うことです。

以上、「 汗にありがとう 」でした。
最後までお読み頂きありがとうございました。