税理士になるための5つのステップ

IMG_5660

税理士への道は一つではありません。国家試験としての税理士試験は必須条件ではないですし、試験に合格するだけでは税理士になれません。ではどんな道を通れば税理士になれるのか、詳しくお伝えします。

税理士になるための5つのステップ

 

1.税理士になるための通り道を知る

税理士になるための通り道は、複数あります。それは以下の4つです。

  • 税理士試験に合格する
  • 免除制度によって、税理士試験のすべての試験科目を免除される
  • 弁護士(弁護士になる資格を持つ者も含む)になる
  • 公認会計士(公認会計士になる資格を持つ者も含む)になる

それでは、税理士になるための通り道を一つずつ見てゆきましょう。

 


 

2.税理士試験に合格する

税理士試験に合格するといっても、これは誰もが受けられる試験ではありません。受けるための資格が必要です。さまざまな分野で、それぞれ以下のような要件が定められています。

【受験資格】

(1)学識の分野
・大学か短大を卒業し、法律学か経済学を1科目以上履修済みである
・大学3年生以上で、法律学か経済学を1科目以上含む62単位以上を履修済みである
・基準を満たした専修学校を修了し、法律学か経済学を1科目以上履修済みである
・司法試験の合格者
・公認会計士試験の短答式試験に合格する(平成18年度以降の合格者に限る)

(2)資格の分野
・日商簿記検定の1級に合格する
・全経簿記検定の上級に合格する(昭和58年度以降の合格者に限る)

(3)職歴の分野
・法人もしくは事業を行う個人の会計に関する事務に3年以上従事する
・銀行・信託会社・保険会社等で、資金の貸付・運用に関する事務に3年以上従事する
・税理士・公認会計士・弁護士等の補助業務としての事務に3年以上従事する

このように、税理士試験の合格者の出自は多様なことが、ご納得いただけたかと思います。

【試験要項等】
税理士試験は年に1回行われ、日程は、毎年8月第1週の火曜日、水曜日、木曜日となっています。場所は、各都道府県の国税局・国税事務所の所在地です。

試験科目は、以下のようになっています。

【科目の種類】
税法に属する科目   「所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税」のうち、所得税法もしくは法人税法のいずれか1科目を含む3科目
会計学に属する科目  簿記論、財務諸表論

税法に属する科目は、所得税法もしくは法人税法のいずれか1科目を含む3科目(ほか2科目は受験者が選択)と、会計学に属する科目2科目で、合計5科目です。

税理士試験の合格基準は、各科目で60点以上です。科目ごとに合否が決定され、不合格だった科目のみを翌年再受験すればよいことになっています。

 


 

3.税理士試験を一部または全部免除される

税理士試験の科目を一部または全部免除されるのは、以下の要件を満たす国税従事者か、修士または博士の学位を授与された者です。

(1)10年もしくは15年以上税務署に勤務すると、税法に属する科目が免除される。
(2)23年以上税務署に勤務し、指定研修を修了すると、会計学に属する科目が免除される。

なお、受験資格を得て税理士試験に合格もしくは税理士試験の科目を全部免除された場合でも、租税又は会計に関する所定の事務の実務経験が通算2年以上あって初めて、税理士の登録ができます。これは、合格後にさらに実務経験を2年ということではなく、合格の前後に通算で2年以上の実務経験があればよいのです。実務経験として認定される業務であるかどうかについては、税理士会が行う面接の際に個別に判断されます。

試験科目を免除されるとはうらやましい限りですが、その分長期間の実務を積んだり、授業で学んだりしているということですね。

 


 

4.弁護士であるか、弁護士になる資格を持つ

税理士になるために弁護士になるという方は、まずいないでしょう。これは、国家資格の弁護士ならば、そのまま登録するだけで税理士になれるということです。税理士への一つの道ではあります。

 


 

5.公認会計士であるか、公認会計士になる資格を持つ

公認会計士も、そのまま登録するだけで税理士になれます。公認会計士も国家資格なので、税理士試験とは別個の国家試験があります。税理士の登録をした公認会計士は、税理士よりも業務の幅が広いといえるでしょう。

まとめ
税理士になろうと思ったら通らなければならない道

  1. 税理士になれるケースを知る
  2. 税理士試験に合格する
  3. 税理士試験を一部または全部免除される
  4. 弁護士であるか、弁護士になる資格を持つ
  5. 公認会計士であるか、公認会計士になる資格を持つ

税理士会は多民族国家であるという方がいらっしゃいます。長期間の実務経験を持つ国税従事者はともかく、大学に行かなくても専修学校で所定の科目を履修して卒業すれば税理士試験の受験資格があるのは良いことですね!

以上、
「税理士になるための5つのステップ」でした。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

・国税庁:https://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/qa/qa03.htm
・南九州税理士会:http://www.mkzei.or.jp/step.php#top