利益って何種類あるの? それぞれ簡単に解説してみた

利益って何種類あるの?それぞれ簡単に解説してみた

「利益」にはさまざまな種類があります。売上総利益、営業利益、経常利益などと言われても違いが分からないという方のために、簡単に解説します。

[ad#hotty-moretag]

利益って何種類あるの? それぞれ簡単に解説してみた

 

1.利益とは?

「利益」とは、収入から費用を差し引いた残りのことです。また「役に立つこと」という意味でも使用される言葉です。

2.売上総利益とは?

「売上総利益」とは「粗利」とも呼ばれ、売上高から売上原価を差し引いて計算した利益のことを指します。サラリーマンのボーナスを算出する際に、業績の指標として活用することもあります。そのメリットは、営業をこのぐらい頑張れば、この金額の成果(ボーナス)が手に入るという意識付けができることです。

3.営業利益とは?

「営業利益」とは、売上総利益 から販売費(販売員の給与など、商品やサービスの販売業務において発生した費用)と、一般管理費(給与や減価償却費)を差し引いて計算した利益のことを指します。営業利益は企業の本業の営業活動の結果発生する利益であり、本業の収益力を見る際の指標となります。

4.経常利益

「経常利益」とは、営業利益に受取配当金や受取利息、仕入割引など本業以外の稼ぎである「営業外収益」(有価証券の売買損益も含む)を加え、支払利息や割引料といった「営業外費用」を差し引いたものを指します。企業において経常的に発生する収益と費用から計算するので、経常利益と呼ばれます。企業の総合的な収益力を見る際の指標となります。

5.当期(純)利益とは?

「当期(純)利益」とは、営業利益に受取配当金や受取利息、特別損益などの営業外収益を加えて税金を納付した後の、最終的な儲けを指します。当期(純)利益は、株主への配当金や内部留保に使用されます。なお、商法においては「当期利益」と呼ばれますが、金融商品取引法においては「当期純利益」と呼ばれます。どちらも、利益の内容は同じです。

6.税引前当期(純)利益とは?

「税引前当期(純)利益」とは「当期(純)利益」の税引前の利益を指します。

7.事業利益

「事業利益」とは、営業利益に受取配当金や受取利息、仕入割引など本業以外の稼ぎである「営業外収益」(有価証券の売買損益は含まず)を加えたものです。総資本(自己資本+他人資本)と比較して、企業全体の収益性を見るのに利用されます。

8.純利益

「純利益」とは、当期純利益とも呼ばれます。「当期(純)利益」の説明をご参照ください。

9.償却前営業利益とは?

「償却前営業利益」とは、減価償却費を差し引く前の営業利益のことを指します。

10.EBITDAとは?

EBITDAとは、「イービットディーエー」または「イービットダー」と読みます。これは、日本の会計基準の「償却前営業利益」とほぼ同じです。会計基準や法人税率の異なるそれぞれの国で同様の事業を行う企業同士を比較する際に指標となる利益です。

11.NOPATとは?

「NOPAT」とは、税引後営業利益のことです。

12.留保利益とは?

「留保利益」とは、企業の内部留保によって自己資本となる利益を指します。内部留保は、当期(純)利益から株主への配当、役員賞与、税金引当などを差し引いた利益です。蓄積利益と呼ばれることもあります。

13.限界利益とは?

限界利益とは、売上高から、変動費(材料費、運送費、販売手数料等)だけを差し引いた利益を指します。売上高に占める限界利益の比率を計算すると、損益分岐点(売上高と費用の額が等しくなる売上高または販売数量)の算出などができます。

また、固定費(機械のリース料、設備の減価償却費、従業員の給与等)を賄う利益なので、固定費の支出に貢献する利益ということで「貢献利益」とも呼ばれます。

14.特別利益とは?

「特別利益」とは、有価証券の売却益や不動産などの固定資産売却益、引当金戻入益などのように、企業の本業以外の特別な要因で臨時に発生した利益を指します。ただし、特別利益にあたるかどうかは、それぞれの企業の本業の種類によります。

15.最終利益とは?

最終利益とは、当期(純)利益のことです。正式な言葉ではなく、通俗的な表現です。

利益の種類まとめ
「利益って何種類あるの? 簡単に解説をしてみた」

  1. 利益
  2. 売上総利益
  3. 営業利益
  4. 経常利益
  5. 当期(純)利益
  6. 税引前当期(純)利益
  7. 事業利益
  8. 純利益
  9. 償却前営業利益
  10. EBITDA
  11. NOPAT
  12. 留保利益
  13. 限界利益
  14. 特別利益
  15. 最終利益

利益には、このようにたくさんの種類があります。同じ利益でも法律によって表現が違ったり、何かの指標に使用するために新たな用語を作ったりということで、さまざまな「利益」が生まれました。
より良い企業運営のため指標が欲しいという気持ちが切実なのですね!

以上、
「利益って何種類あるの? それぞれ簡単に解説してみた」でした。
最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

[ad#hotty-afterpost]