板垣退助 旧100円札の肖像画人物の功績と生い立ち

板垣退助 旧100円札の肖像画人物の功績と生い立ち

板垣退助(いたがきたいすけ)とは、一体どういう人物だったのでしょうか?

旧100円札の肖像画人物、板垣退助の偉大なる功績と生い立ちに迫り、日本の近代化に大きな役割を担ったこの人物像を掘り起こします。


板垣退助 旧100円札の肖像画人物の功績と生い立ち

 

1.板垣退助の生い立ち

  • 生誕:1837年5月21日(日曜日)(天保8年4月17日)
  • 没日:1919年7月16日(木曜日)(大正8年)
  • 出生地:高知城下中島町(現 高知県高知市)

1837年5月21日(日曜日)(天保8年4月17日)

土佐藩上士、乾正成の嫡男として、高知城下中島町(現 高知県高知市本町通)に生を受けました。乾家は、武田信玄の重臣であった板垣信方を祖とした家柄です。同じ土佐藩の中岡慎太郎とは深い親交があり、坂本龍馬とは生前に一度も出会ったことはありませんが、お互いに存在は知っていたようです。
少年期は大変に腕白で、藩からは二度処罰を受けています。1856年8月8日高知城下、四ヶ村(小高坂・潮江・下知・江ノ口)の自由な出入りを禁じられ、神田村に謹慎させられました。ここで身分を問わず庶民と交わる機会を得ることができました。一時は家督相続すら危ぶまれたのですが、父、正成の死後家禄220石に減ぜられて家督相続を許されます。

1861年(文久元年)10月25日

江戸留守居役、兼軍備御用を仰付けられ、同11月21日高知を出て江戸へ向かいます。以降、尊王攘夷論に傾斜していき、武力倒幕を主張していくに至りました。
1868年(慶応4年)戊辰戦争に参加。土佐藩兵を率い、東山道先鋒総督府の参謀として従軍しました。幕府の直轄領である甲府城の掌握目前の美濃大垣に向けて出発した際、岩倉具視(500円札肖像画人物)より「旧武田家家臣の板垣氏の末裔であることを示して甲斐国民衆の支持を得よ」というアドバイスを受け、乾姓より板垣姓に戻しました。

1869年(明治2年)

木戸孝允、西郷隆盛、大隈重信と共に参与(王政復古の政変によって新設された三職の一つ)に就任。

1873年(明治6年)書契問題に端を発する度重なる朝鮮国の無礼に、板垣は率先して征韓論を主張します。しかし、欧米視察から帰国した岩倉具視ら穏健派によって、閣議決定を反故にされてしまいます。これに激憤した板垣は、西郷隆盛らと共に政権から離れます。世論もこれを圧倒的に支持、板垣・西郷に倣い職を辞する官僚600余名に及び、板垣と土佐派の官僚が土佐で自由民権を唱える契機となりました。
1880年(明治13年)国会期成同盟を結成。自由民権運動はこの頃ますます盛んになっており、明治政府は仕方なく10年後の1890年に国会を開く約束をします。翌年、退助は自由党の総理に就任しました。

1882年(明治15年)

岐阜で遊説中に暴漢・相原尚褧に襲われ負傷。その際放った言葉「板垣死すとも自由は死せず」は、名言としてあまりにも有名になりました。それ故、この発言をした時に亡くなったと思っている方もいるようですが、この場面では命を落としていません。

1890年(明治23年)立憲自由党を結成、約束通り「第1回」帝国議会が開催。

1896年(明治年)

第2次伊藤博文内閣の内務大臣、1898年大隈重信内閣の内務大臣を歴任しましたが、2年後の1900年に政界から引退。

1919年(大正8年)7月16日(木曜日)

肺炎により83歳で死去。

 

2.板垣退助の功績

板垣退助の功績は大きく分けて2つ。

  1. 戊辰戦争
  2. 自由民権運動

しかし、この2つはとても大きな功績であり、それが今の日本に大きな変化を起こしました。近代政治に大きな影響を与え、今も輝き続けているのです。

・戊辰戦争

戊辰戦争とは、1868年〜1869年に行われた日本の内戦。明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦いました。当時の2年間の干支が「戊、辰」により由来。
そして、退助は東山道先鋒総督府参謀の肩書きをもらって土佐藩兵を率い、土佐藩の軍人の代表として戦いました。東山道というのは、京都から中山道などを通って奧州方面に向かう道すじの古い呼び名です。
先にもふれましたが、甲府までやってきた退助は、ここで「板垣」の姓を名乗ることになります。
こうして「板垣退助」率いる新政府軍は、甲府城を確保し、江戸から政府軍迎撃にやってきた近藤勇率いる新選組(この時は甲陽鎮撫隊と名乗っていた)を、圧倒的な勝利により撃退(甲州勝沼の戦い)。一説によると、新選組は甲府に向かう途中、近藤勇らの故郷の多摩で村人たちの歓待を受け、近藤らもその気になって豪快に遊びまくり、そのせいで進軍が遅れて甲府城を新政府軍側に先に取られてしまったと言われています。しかも、新撰組の装備していた武器は旧式ばかりで、戦力、モチベーション、準備において遅れを取っていたので、この結果は当然と言えます。
板垣退助らの軍はその後も会津戦争などで大活躍、旧幕府軍は北に追い詰められていきます。そして1869年5月に箱館で最後の抵抗をしていた榎本軍が降参して戊辰戦争が終結し、名実共に新しい日本がスタートすることとなりました。戊辰戦争で大活躍をした退助は、明治政府の要人となります。

・自由民権運動

1871年(明治4年)、当時鎖国を続けていた朝鮮に対し、武力で強引に開国させてしまおうという「征韓論」が活発になり、板垣退助はその中心人物でした。
ここで言う征韓論とは鎖国をしていると、他国の発展から取り残され、容易く征服されてしまう。朝鮮が他国に征服され(特にロシアに乗っ取られたら最悪)、日本の脅威になってしまう前に日本が先に征服してしまおうという考え方です。征韓論については西郷隆盛も意気投合し、穏健派(大久保利通、岩倉具視ら)との話し合いにより、西郷隆盛を使者として渡韓することになっていました。しかし、岩倉具視が勝手に明治天皇に「西郷派遣は中止となりました」と事実に反することを勝手に報告してしまったため、退助、西郷隆盛は大変に憤慨し、政府を去ってしまいます。

その後、退助は故郷の高知に戻り「立志社」という政治結社をつくり、「自由民権運動」を進めていくこととなります。ここでいう「自由民権」とは、今でいう民主主義とか自由社会というものとはやや性格が異なります。退助のねらいは、明治政府で専制政治をしている憎い大久保利通とその一派をやっつけることにありました。
政府のほうも、こうした在野の勢力に対して弾圧したり懐柔したりと、さまざまな駆け引きにより対応していたのですが、高まる自由民権の波を抑えられなくなり、一人前の国家であることを西洋諸国に示す手前もあって第一回帝国議会を開催することになりました。
こうして退助は日本の政治が大きく動いていくきっかけを作っていったのです。

 

3.後世に伝わる名言・哲学

「板垣死すとも、自由は死なず」

板垣退助と言えばこの名言といわれるほど、あまりにも有名ではありますが、やや脚色が入っているようですね。
1882年(明治15年)4月6日、退助は岐阜で遊説中に暴漢・相原尚 に襲われ負傷しました。
その際、襲われた後に起き上がり、出血しながら「吾死スルトモ自由ハ死セン」と発したそうです。 やがて「板垣死すとも自由は死せず」という表現で広く伝わることになり、現在に至っています。

しかし、退助は後に「アッと思うばかりで声も出なかった」とも書いており、あの名言が本人によるものとは完全には言い切れないようです。
一説には、後の報知新聞の取材で、この「板垣死すとも自由は死せず」の言葉は、内藤魯一(当時、退助と同行して演説していた人物)が事件時に叫んだ言葉であり、内藤が板垣が叫んだことにしたという記述もあります。

いずれにしても、この言葉は自由な政治を求め身を削って活動をしていた板垣退助の生き様を見事に表した言葉である事に疑いはないでしょう。

 

4.板垣退助の人物像

  • 中江兆民(当時の思想家、ジャーナリスト、政治家)は「私情に絡まるのは政治や公党の公では良くないに違いないが、私交上ではむしろ美徳である。板垣は政治家としてよりも、むしろ個人としての美しい徳を持っていた近世の偉人である」と評価していました。
  • 自らの命を狙われた岐阜遭難事件の犯人である相原尚褧に対して、退助自身が特赦嘆願書を明治天皇に提出しました。結果として、相原尚褧は特赦となり、その後改心した相原は、退助に謝罪に訪れました、そこで退助は「国家を思う行動故に咎めなどしない。今後もこの板垣が国に害なすともう一度刺しにくるも自由だ」と笑って許しています。
  • 現実主義者であったため、少年時代自ら稲荷神社のお守りを厠に捨ててみて、神罰が起こるか試した(結果神罰が起こらなかった)。
    同様の主旨で、退助が神田村に謹慎していた時、当時の人が食べ合わせ(「うなぎと梅干」、「てんぷらと西瓜」など)を食べると死ぬと信じていた迷信に対して、自ら人を集めて食べて無害なことを実証したこともありました。
  • 日本人として初めて(1896年以前の)ルイ・ヴィトンのトランクを所持していた(立憲政治視察のため後藤象二郎と渡欧した1882年から1883年の間に購入)

 

5.オススメする動画

『板垣死すとも、自由は死せず / その時歴史が動いた』
http://www.dailymotion.com/video/x2mtggf

これは、過去NHKにて放映された番組です。
板垣退助について、政治背景と絡めて詳細に分かりやすくまとめられられています。

 

6.本記事の用語補足(ふりがな)

  • 板垣退助(いたがきたすけ)
  • 乾正成(いぬいまさなり)
  • 天保(てんぽう)江戸時代の元号
  • 家禄(かろく)武家社会において,主君が家臣に与えた世襲性の俸禄《給与》
  • 留守居(るすい)江戸城本丸の守衛
  • 尊王攘夷論(そんのうじょういろん)
  • 岩倉具視(いわくらともみ)
  • 戊辰戦争(ぼしんせんそう)
  • 相原尚褧(あいはらなおぶみ)

以上、
板垣退助 旧100円札の肖像画人物の功績と生い立ち
最後までお読み頂き、ありがとうございました。