ラグジュアリーホテルで音楽の都ウィーンを楽しむ!

クラシック音楽が好きなカップルの方にオススメなのが、ウィーン旅行です。モーツアルトやベートーベンに縁のある土地を訪れたり、市内に50以上もあるオペラハウスや劇場で演奏を聴くなど、さまざまな楽しみ方ができそうです!

ラグジュアリーホテルで音楽の都ウィーンを楽しむ!

 

1.ホテルインペリアル ラグジュアリーコレクション

ウィーンのSPGホテルなら、「SPGホテルインペリアル,ラグジュアリーコレクションホテル,ウィーン」を推薦します。ラグジュアリーな、5つ星レベルのホテルです。

各種スイートの滞在客には24時間のバトラーサービスが約束され、室内チェックインから洋服のプレス、靴磨きのほか、特別な要望にも応えてくれます。依頼すれば、モーニングコールやアイロンのかかった新聞の朝刊を届けるサービスもあります。

また、ラグジュアリーコレクションコンシェルジュチームが、すべての滞在客のため24時間サービスで待機。劇場のチケットの確保や、観光スポット、レストランの案内など、さまざまな要望に応えてくれます。リムジンサービスもあり、空港への送迎はもちろん、ウィーン市内のどこにでも、メルセデスベンツで優雅に連れて行ってもらえます。

ラグジュアリーなホテルならではの贅沢なサービスの数々にウットリしますね。

 

2.ウィーン観光は音楽三昧で☆

音楽の都ウィーンの人気観光スポットは数多くありますが、著名な音楽家たちの生家や記念館はぜひ訪れたいですね。

「モーツアルトハウス」はモーツアルトが4年ほど住んでいた家で、ベートーベンやハイドンも訪れたことがあります。モーツアルトが実際に生活していた部屋と、彼の作品や同時代の音楽家たちについての展示を見ることができます。

ベートーベンは「引っ越し魔」だったため、ウィーンだけで3つの家が残っています。最も長く住んだ家は当時の家主の名前から「パスクァラーティ・ハウス」と呼ばれています。交響曲 5番、7番、8番と『エリーゼのために』が、ここで作曲されました。

クラシック好きなら、オーケストラや曲目のほかに演奏されるホールにもこだわりたいですよね。ウィーン国立オペラ座は、オーストリアのみならず世界でもトップクラスのホールです。ここで、世界の三大オーケストラであるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

以下に、ウィーンの有名ホールをいくつかまとめてみました。

ホール名        特徴など

  • ウィーン国立オペラ座       世界のクラシックファンのメッカ
  • 楽友協会(ムジークフェライン)  ウィーン・フィルのホームグラウンド
  • ブルク劇場            ストレートプレイ(台詞劇)専用の劇場クリムトの天井画がある
  • フォルクスオーパー        国立オペラ座に対して庶民のオペラ座
  • アン・デア・ウィーン劇場     モーツァルトの時代からある劇場

ウィーン少年合唱団の生の歌声も、ぜひ聴いてみたいですね。創設から500年以上もの歴史のあるこの合唱団は、もともとは王室専属の聖歌隊でした。現在は公式団体として世界中から招かれ、多くの人々に美しい歌声を届けています。

世界遺産のシェーンブルン宮殿は、オーストリアが神聖ローマ帝国だった頃の王家の夏の宮殿です。女帝マリア・テレジアの御前演奏に招かれた6歳のモーツアルトが、転んだ自分を助け起こしてくれた、後のフランス王妃マリー・アントワネットに、「君は優しいね。大きくなったら、僕のお嫁さんにしてあげるよ」と言ったのは有名な逸話。宮殿の黄色の外壁は「テレジア・イエロー」と呼ばれ、マリア・テレジアの夫君が金色を提案したところ、テレジアが厳しい財政を考え黄色に塗らせたといわれています。

 

3.ウィーンのご当地グルメを堪能する☆

ウィーン旅行の際にぜひ食べたいのは、ご当地グルメの「ヴィーナーシュニッツェル」(ウィーン風カツレツ)。街のどこに行っても食べられる、ウィーンの代表的な料理です。音楽の都ウイーンらしくピアノ演奏も聴ける料理店「ヴァイサー・ラオホファングケーラー」では、一工夫したバターの香りのヴィーナーシュニッツェルが食べられます。

伝統のあるオーストリア料理店「プラフッタ」では、皇帝も愛したという牛肉の煮込み料理「ターフェルシュピッツ」が人気。有名な映画監督「ジョージ・ルーカス」やロシアの「プーチン大統領」、サッカーの英雄「ペレ」などもここを訪れ、写真とサインを残しています。

またSPGホテルインペリアル,ラグジュアリーコレクションホテル,ウィーンのレストラン「オーパス」では、オーストリア産の高級食材を使用した国際料理を、高級ワインとともに提供しています。白を基調とした上品なファブリックに囲まれ、オーストリア情緒を味わいながら食事ができます。

 

4.SPGプログラムとは?

ホテルインペリアル,ラグジュアリーコレクションホテル,ウィーンは、SPGプログラムの参加ホテルの一つ。SPGプログラムとは、世界100カ国1100軒以上のホテルの宿泊時にビッグな特典が付いてくるプログラムです。

例えば、土日祝日やシーズン時等の特典除外日がない「無料宿泊アワード」のプレゼント、また音楽アーティストやプロゴルファーといった世界のVIPに会える貴重な体験など、ほかでは見られないような特典があります。

また、SPGプログラムの入会時にSPGアメリカン・エキスプレス・カードにも入会すると、SPGプログラムのゴールド会員資格が取得できます。ゴールド会員になると、基本レベルの1.5倍のスターポイントが付与され、チェックアウトが16:00まで延長できます。

さらにSPGアメリカン・エキスプレス・カードの特典として、以下のようなサービスが受けられます。どれも非常に価値のある特典ですね。

  1. 国内外の空港ラウンジの無料使用
  2. 手荷物の無料宅配サービス
  3. 最高1億円の旅行傷害保険に自動加入

 

まとめ

SPGホテルインペリアル,ラグジュアリーコレクションホテル,ウィーンのコンシェルジュチーム主任であるミヒャエル・モゼルは、ウィーンの街を隅々まで知っているバイリンガルです。滞在客に価値のあるフレッシュな情報を提供するために、オペラや舞台を毎年50以上も鑑賞するとか。常に最高のサービスを心掛けるコンシェルジュチームが提供する極上のサービスを受けてみたいものですね!

以上、
ラグジュアリーホテルで音楽の都ウィーンを楽しむ!」でした。
最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

ホテルインペリアル,ラグジュアリーコレクションホテル,ウィーン