世界最高峰の靴3点をご紹介!

世界最高峰の靴を3点ご紹介!

「オシャレは足元から」という言葉をよく耳にします。
靴の質、手入れの具合などから人柄を判断されることもあるように、身だしなみにおいて非常に重要なファクターなのです。
本記事では、当メディアをご覧のあなたにふさわしい靴をご紹介します!

世界最高峰の靴3点をご紹介!

 

1.ジョンロブ(John Lobb)

  • 生産国:イギリス
  • 創業年:1849年
  • 後に分裂(紳士協定的に併存)

世界最高峰のシューメーカーとして、必ず名前が上がるのがこの「ジョンロブ」です。
このジョンロブには、「ロブロンドン」「ロブパリ」と呼ばれる、2つのメーカーが存在しています。
というのは、1849年に有能な靴職人としてすでに有名なジョン・ロブが、ロンドンのセント・ジェームズ通りに創設。
そして、二代目が1902年にパリにジョン・ロブ・パリを開設したのです。
その後、ロブパリはエルメスの傘下となり、ロンドンにあるジョンロブ以外は全てエルメスの管理下に置かれました。
そして、「ロブロンドン」はロンドンに残るのみとなったのです。

どちらも、最高級、最高峰であることに間違いはないのですが、2社と比較すると

ロブロンドン

ロブロンドン

  1. ビスポーク(注文靴)のみ
  2. 価格:2,700ポンド(約45万円)〜
  3. 職人のこだわりが強い

ロブロンドンの靴はいわゆる「オーダーメイド」のみなので、普通に店頭で見かけることはありません。
また、靴に対する職人の誇り・こだわりが強く、お客の要求であっても聞き入れられないこともあるそうです。
「ロブロンドン」の靴はイギリス王室御用達で、このこともブランドの品位を証明しています。

ロブパリ

ロブパリ

  1. 既製品あり
  2. 価格:既製品は18万円〜
  3. 価格:ビスポークの相場はロブロンドンの約2倍
  4. お客さまの要望に対して比較的柔軟に対応

既製品の用意もあるのが「ロブパリ」ですが、この既製品はイギリス製という、少々ややこしいところがあります。
ビスポークの価格相場は、ロブロンドンの約2倍と言われていますが、品質については差がないようです。
むしろ、ロブロンドンの方が品質が高いという人もいるくらいです。
「ロブパリ」はエルメス傘下にあることも関係し、ブランド志向が強いため、価格が上がってしまうようです。

しかし、どちらの「ジョンロブ」も、世界最高峰であることに変わりはありません。

🔗ジョンロブ(ロンドン)公式HP
🔗ジョンロブ(パリ)公式HP

 

2.エドワード・グリーン(Edward Green)

エドワード・グリーン

  • 生産国:イギリス
  • 創業年:1890年
  • 原則、既製品
  • 価格帯:10万円前後〜

ジョンロブと双璧をなすイギリス靴の超一流ブランドです。
1890年、エドワード・グリーン氏は、イギリス・ノースハンプトンの小さな工場で、紳士用の手作り靴を作り始めました。
「でき得る限りの上質を求める」という氏の明快な哲学は今日に至るまで続いており、その靴は洗練されて、履き心地がよく、頑丈。かつ、軽快でスタイリッシュ。
ジョンロブに比べると、ややお求めやすい印象がありますが、それでも大変に高品質。時代の志向を品良く取り入れながらも、堅牢で慎み深いブリティッシュテイストを色濃く残しています。
相当にカジュアルなデザインのものを選んでも、清潔な格を漂わせる、まさに紳士のための靴なのです。
HPをご覧いただければ、カジュアルな薫りの中に風格が感じられる、守備範囲の広い最高品質の靴だということがお分かりいただけると思います。

🔗エドワード・グリーン公式HP

 

3.シルヴァノ・ラッタンツィ(Silvano Lattanzi)

シルヴァノ・ラッタンツィ

  • 生産国:イタリア
  • 創業年:1971年
  • 既製品、ビスポークいずれもあり
  • 価格帯:20万円〜

このシューメーカーは、前述の2つに比べると新しいブランドです。
すべて手仕事で作られる靴は、イタリアらしい艶や粋を感じさせ、しばしば「芸術的」と評され、値段以上の品質と価値を生み出します。
素材や技術が秀逸なのはもちろん、このブランドの手作りの概念は、一般的に言われるような“ひとつひとつ異なる味わい”にはありません。
一般的なストレートチップなどの靴も作りますが、同じ黒でも紫がかった黒にする(光の当たり具合で色が変化する仕組み)だったり、指先の部分をひらべったくしたりと、かなり手の込んだ靴を作るのです。
とにかく「一言でくくれないくらい、1足1足が異なるデザイン」というのが、シルバノ・ラッタンツィの特徴です。
また、これらの靴には20年間の補償があることからも、その製品に対する自信が伺えます。

そして、このシューメーカーのHPは、他に比べて陽気な雰囲気に溢れており、見ていて楽しい気分になります。
🔗シルヴァノ・ラッタンツィ公式HP

 

あとがき

ここまでの長文をお読み下さり、ありがとうございます。

以前、別記事でスーツについても取り上げましたが、良いスーツもそうですが、良い靴を履くと、自然と背筋が伸びます。
こういった素晴らしい靴は、男性の気持ちを高めるスイッチを備えているように思います。
いつの日か私も、このような最高峰の靴を履いて、世界を駆け回ってみたいものです。

以上、
「世界最高峰の靴3点をご紹介!」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。