VISAデビットカードの先にあるスルガ銀行のサービス精神

スルガ銀行は日本においてVISAデビットカードを先駆けてサービスを開始していますが、現在のラインナップ勢力も主力にANA支店とd-laboと、なんと2種類以上。さらにネット支店においても順次VISAデビットカードサービスを展開し、その勢いはさらに加速しています。

VISAデビットカードのラインナップの充実を計るスルガ銀行のサービススタイル・戦略は、どこへ向かっていくのでしょうか? ここでは、その行方を長期に渡り追いかけていきたいと思います。

VISAデビットカードの先にあるスルガ銀行のサービス精神

 

Visaインフィニットという最上位ステイタス

スルガ銀行は、VISAが発行するクレジットカードの中でも最上級ステイタスとも言われるVISAインフィニットカードの発行権を持ち、カード発行をしている銀行です。

VISA公式情報によれば

Visa Infiniteカードは多くの優れた特徴とサービスを提供いたします。
Visa InfiniteカードはVisaの商品の中で、最上位に位置するカードです。Visa Infiniteカードはカード発行会社よりご案内を差し上げた方のみに発行されます。また、Visa Infiniteカード会員様であれば、Visaプラチナカード特典もご利用いただくことができます。

Visa Infiniteカードは幻のカードとも言われ、その存在はまさにブラックカード。日本でも数億円の資産家でないと、まずカード取得は困難とされています。そのVISAインフィニットカードの魅力に惹かれ、メガバンクからスルガ銀行へとメインバンクを代える富裕層も現れているとの情報があります。

 

スルガ銀行はVISAデビットカード市場を先見している

その反対に、VISAデビットカードというと、近年の日本ではまだクレジットカード信用情報機関であるCICなどで異動(悪い意味でのブラックリスト)経歴者が、カード発行審査のないVISAデビットカードを泣く泣く所有するという印象が過去にはありました。VISAデビットカード自体の選択肢も、非常に少なかったと思います。スルガ銀行とイーバンク銀行(現:楽天銀行)の2トップだったイメージがあります。
しかし、今日においては、審査がないはずのVISAでビットカードという印象はすでに過去のもので、現在は信用情報機関による経歴を参考にされているようです。正確な基準はわかりませんが、しっかりした信用情報のもとにカード発行はされつつあります。

また海外市場に目を向けてみると、VISAデビットカードの所有率と使用率は非常に高く、銀行からするとお金を貸せないデメリットを度外視して、事業戦略に位置づけないとならないマーケットであることは確かです。スルガ銀行は日本においてその最先端のマーケティングを実行している数少ない銀行です。トップブランドのVISAインフィニット、誰にも親しまれるVISAデビットカードという二点をしっかり抑えている、その確信的な戦略展開には今後も目が離せません。

今後、スルガ銀行は、銀行としての存在理由と定義を大きく変えていくのかもしれません。スルガ銀行の展開するサービスに、今後も目が離せませんね。

弊サイトにて、口座開設手順について紹介している記事もあります。
そちらもご覧いただければ、幸いです。

🔗革新的で魅力あるスルガ銀行 口座開設レポート!

ぜひ一度、スルガ銀行のVISAデビットカード サービスを享受して、楽しんでみて下さい。

 

スルガ銀行関連リンク

以上、「VISAデビットカードの先にあるスルガ銀行のサービス精神」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。