もっとお金を借りたい! 融資限度額が増額できる3つの条件

The-financing-ceiling

不幸にもあなたが消費者金融でお金を借りざるを得ない局面に至ったとして、その人生の踏ん張り時に、たったの10万円しかカードローンを借りられない審査結果となると、それはまたさらに不幸ですよね。ここでは、あなたの融資限度額が増えるタイミングを長年金融業に携わった経験からお伝えし、万が一、お金が必要となった時に備えるために必要な融資限度額の増額アドバイスをお届けします。

 

もっとお金を借りたい!
融資限度額が増額できる
3つの条件

 

1.借金の返済期日を6ヶ月以上滞納なくお金を返せている

まずは消費者金融で借りているお金を半年間きれいに返済をし続けていることが必要な条件となります。これが守れないと融資限度額増額は残念ながらあり得ません。正直なことを言うと、消費者金融側としてはあなたの年収を重要視はしておらず、支払能力と責任能力を重要視しています。

  1. 支払能力をお持ちですか?
  2. 返済する責任感をお持ちですか?

これらが問われているのであって、金額によって人を見定めてはいません。信用能力と責任感を重要視しているのです。

2.CICの個人信用情報で支払履歴に$マークが6個連続で記入されている

個人信用情報期間のCICの支払履歴は、あなたの重要な指標となっています。CIC情報をきれいに育成し、また定期的にまさかの未納の有無などを確認されることを推奨します。

消費者金融での限度額引き上げの際には、$$$$$$が必要となるケースがございます。

参照リンク:指定信用情報機関のCIC

こちらであなたの個人信用情報をお確かめの上、カード審査をお申し込みされることを推奨します。

3.融資限度額の増額の申請時は実際に80%以上のお借り入れ状態

実際に借り入れのないお客様に増額することはあまり考えられないことです。増額をご希望される時には実際に 「このお客様はこの金額の融資額ではお困りでしょう」 と審査部で判断させて頂いた場合で、なおかつここ半年間の返済状況も良好で、今現在、融資限度額の80%以上を実際にお借り入れされているのであれば限度額増額の可能性が上がることと思います。

まとめ

上記3つのポイントをご確認の上、直接コールセンターに連絡して頂ければ、融資限度額の上限は半年ごとに増額していくことも可能です。消費者金融口座というと人前で大きな声で言えませんが、実際イザという時にお金を用意できない男ほど情けない人間にもなりたくはありませんよね。

お金が必要のに、イザという時にお金がないなら、準備口座育成という概念でも、借金口座としてでも、個人ローンで限度額は200万円までには予め育成しておきたいものですね。

本記事をお読みいただき、ありがとうございました。