iPhoneをお会計に使える人気の「Airレジ」システム

Air

iPhoneやiPad、スマートフォンなどいわゆるスマートデバイスの普及は、ビジネスシーンにまで及んでいます。スーパーマーケットや個人商店などの小売店には必ずと言っていいほど導入されているレジもそのひとつで、「Airレジ」というシステムが人気を誇っています。どんなシステムなのか見てみましょう。


iPhoneをお会計に使える人気の「Airレジ」システム

 

特徴1:初期導入費用や月額利用料が完全無料

これまでのレジというと、その機材やシステムを含めてメーカーから高い費用をかけて導入をすることが常でした。
1台あたり40~50万はするでしょう。
しかしながら、この「Airレジ」というアプリは、お手持ちのiPadやiPhoneにアプリを導入するだけで、レジに早変わりします。
もちろんこのアプリは無料でダウンロードでき(Android端末にも対応済み)、初期導入費用から月額費用まで完全無料で利用できます。
しかもただのレジではなく、POSレジの機能を持っているので、売上管理や売上分析まで全て無料で利用可能です。
※レジの周辺機器(キャッシュドロアやレシートプリンタ、バーコードリーダー)は有料です。

 

特徴2:見た目がスマート

従来のレジだと周りが散らかりがちで、我々お客側から見てもあまり良い印象ではありませんでした。
バーコードリーダーや電源コードがガチャガチャとし、何しろレジの機械本体が何となくスマートではありません。
この「Airレジ」はスマートデバイスひとつで済み、見た目もとてもスマートな印象です。
ファッション関係の店舗などでは、そのお店のブランディングにも役立つでしょうし、
飲食店などで注文を取るときにiPad片手に店員がやってきたら、一目置いてしまいますよね。とても先駆的なイメージを持つでしょう。
現にAppleストアではiPadひとつでお会計が済んでしまいますし、「さすが!」という印象を我々に与えます。

 

特徴3:セキリティも安心・安全

万が一レジが壊れた場合、従来のPOSレジだと売上データや決済データを本部に送信していなかった場合、データは消えてしまいます。
また、大切な顧客データなどもPOSレジの中にダウンロードしているため、盗難などにより個人情報が漏れてしまう危険性もゼロではありません。
この「Airレジ」はリアルタイムにデータをクラウド上に保存する仕組みになっており、端末側にはデータは一切残らないため安心です。
もしもiPadなどの端末が故障しても、データ損失の恐れもありませんし、データを復旧する手間も不要です。
また、お客様の大事な個人情報もAirレジのメーカーが責任持ち、サービス元であるリクルートグループが管理してくれているので安全です。

このように、スマートデバイスとクラウド環境の普及により、飲食店や小売店でのお会計の風景が様変わりしていくかも知れません。
そんな可能性を秘めたアプリだと思います。

以上、「 iPhoneをお会計に使える人気の「Airレジ」システム 」でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。