貧乏大学生時代に300万円を貯金する! お金の上手な使い方と5つの習慣

money60

大学生の間に海外留学をしたい。就職活動資金を貯めたい。そう考える人も多いのではないでしょうか? もし実際に、貧乏学生が300万円の貯金をしようと思えば、お金を上手に使う習慣を身につける必要があります。では、そのためには一体どうすればいいのでしょうか。お金との正しいつきあい方をポイントごとに見ていきましょう。


[ad#hotty-moretag]

貧乏大学生時代に300万円を貯金する!
お金の上手な使い方と5つの習慣

 

1.お金の性質を学ぶ


日本では、金融教育が遅れています。そのため、初めてローンを組む社会人が借金(ローンとは借金です)を延滞したり、信用情報(クレジットヒストリー)に対する意識が低いため、クレジットカードを利用する際に口座管理ができておらず、簡単に延滞してしまう傾向にあるようです。
最近では、高校などで金融教育をする傾向にありますが、まだまだ不足していると思います。

  • お金とは何か?
  • お金をどのように管理すればいいのか?
  • 貯蓄や投資の方法とは
  • ローンや利子の仕組みについて

学生のうちに学ぶようにしましょう。一度しっかり勉強することをおすすめします。

 

2.何が無駄で何が意味あることかを見極める力を身につける


自分への投資のためにお金を使える人間になりましょう。お金の価値は、人それぞれで異なります。たとえば100万円の高級ブランドバックも、ある人にとっては高く感じられても、ある人にとっては安く感じられるのです。100万円を安いとみるか、高いとみるかは人によって違います。つまり、お金の価値とは絶対的なものではないのです。
何に金銭感覚の重きをおくのか、自身の消費や価値観を再度見直してみましょう。

 

3.貯金額の目標を明確にする


お金の性質、そして自身の価値観を見直せば、お金とはただ闇雲に貯めるべきものではないことが分かると思います。
お金を貯めたいと思ったときには、「何のためにいくら貯める必要があるのか?」を考えて、目的および目標を明確にしましょう。目標を明確にしないと、途中で挫折する原因になります。また、お金を貯めることが目的となり、自身の価値観に反した行動を引き出してしまうことにも繋がります。

「留学をするために300万円貯める!」

明確な目標があれば、ただ漫然と貯金をするよりも確実にお金が貯まりやすくなります。

 

4.簡単にお金を使えないようにしておく


お金を貯めようと思ったら、すぐには使えないようにしておくことがポイントです。そのために、簡単には下ろせないような金融機関に口座を開設するなどしておきましょう。
生活費とは分別して管理することをおすすめします。
長期的に使用するつもりがないのであれば、証券口座などを選び、投資信託などの運用でお金を増やすことにも挑戦してみましょう。その場合は、投資の勉強も並行して行えば、よりお金について詳しくなることができるでしょう。

 

5.お金を稼ぐことを常に意識する


単に、節約だけではなかなかお金は貯まらないでしょう。もちろん、節約は大事です。ポイント2で価値観の見直しを提案しましたが、自分が重きをおかないことに対しては、徹底的にお金をケチることが大切です。ある人にとって、それは衣服かもしれませんし、ある人にとっては食事かもしれません。ただし、大学生であればまだ育ち盛りなので、食費を削るのはほどほどにしておきましょう。

さて、節約だけでは不十分ですから、ここでは「稼ぐ」ということを考えましょう。もし、大学4年生になったときに海外留学や就職活動の費用として300万円必要なのであれば、大学1~3年の間に毎年100万円を貯める必要があります。毎年100万円ということは、月々約8万円ずつ貯める計算となります。
時給1000円の仕事であれば、月80時間の労働が必要です。

労働でお金を貯めると決めた場合、どのような仕事をするのかを慎重に検討しましょう。アルバイトは時間の切り売りです。拘束時間があまりに長く、学業に大きな影響が出てしまうものはおすすめしません。また、働きに出ることで増える、余分な出費もあります。
ただし、労働から得られるものは、お金以外にもあります。経験や知識、人との出会いなどです。色々なことにチャレンジするのも、今後の人生の糧となることでしょう。

時間の切り売りである労働以外に、アイデアや能力を売るという手段もあります。近年は、学生の間にリスクをとって起業する人も増加しています。自身の強みや学部の特徴、アイデアを活かして起業することも視野に入れると、可能性はさらに広がります。

 

まとめ

貧乏大学生時代に300万円を貯金する!
お金の上手な使い方と5つの習慣

  1. お金の性質を学ぶ
  2. 何が無駄で何が意味あることかを見極める力を身につける
  3. 貯金額の目標を明確にする
  4. 簡単にお金を使えないようにしておく
  5. お金を稼ぐことを常に意識する

以上、貧乏学生が300万円を貯金する方法について、ポイントを分けて解説しました。
ちなみに、現在のサラリーマン平均年収は約400万円ほどです。格差社会と言われるように、もらえる人は多くもらい、少ない人はとことん少ないのが今のご時世といえるでしょう。
学生時代に貯金や節約体質を身につけることは、卒業後、社会を渡っていくために役立つスキルとなるでしょう。しかし、貯金にいそしみすぎて、社会人になってから稼ぐために必要なスキルや能力の獲得を疎かにしないようにしてください。

そのためにも、お金を貯める際には、金融教育と自身の価値観の見直しが必要だということを理解していただければと思います。

無事に300万円のお金が貯まると良いですね。

以上、
「貧乏大学生時代に300万円を貯金する! お金の上手な使い方と5つの習慣」でした。
最後までまでお読み頂き、ありがとうございました。

[ad#hotty-afterpost]