初めてのラグジュアリーホテルで予め知っておきたい3つの支払方法

初めてのラグジュアリーホテルで予め知っておきたい3つの支払方法

海外旅行をし、観光やホテルに宿泊するときに気になるのが支払方法ですよね。そんな不安感を払しょくして、ラグジュアリーな経験を満喫するために、海外旅行での支払に関して知っておきたい3つのキーワードをご紹介します。

 

初めてのラグジュアリーホテルで予め知っておきたい3つの支払方法

 

1.クレジットカードはどこのブランドがいいのか

カードブランド
これはお馴染みの支払方法なので詳しい説明は不要かと思いますが、注意しておきたいのが海外で使えるクレジットカードとそうでないものがある点です。
使えるかどうかは渡航先によるので、どのカードが良くてどこが悪いということではありません。
例えば、VISAはアメリカやアジア圏で主に取り扱われているので、ヨーロッパなどでは取り扱いにやや不安があります。
逆に、MasterCardはヨーロッパ、オセアニア、アフリカ圏で主に取り扱われているので、アメリカやアジア圏での取り扱いが不安と言えるでしょう。
このようなことから、ブランドの異なるクレジットカードを2枚以上所持しておくことをおすすめします。

 

2.デポジットという仕組みを理解する

デポジット
これは日本人には馴染まない慣習ですね。デポジットとは、要するに「保証金」のことです。
ホテルの予約時に事前支払いが済んでいないと、チェックイン時にフロントでこのデポジットを要求されてしまいます。
現金支払いの場合はチェックイン時に相応の金額を保証金という形で一旦ホテルに預け、チェックアウト時に精算となります。
クレジット払いの場合は、クレジットカードを通すだけで良い場合が多いようです。

 

3.現金(キャッシュ)、チップは必要か

チップ
現金支払いの場合は一部の場合を除いて、当然のことながら現地の通貨で支払いをする必要があります。
そのためには、空港などで日本円を渡航先の通貨に両替しておく必要があり、多少面倒な思いをします。
しかも両替には手数料がかかるため、決してお得な方法とは言えないのですが、クレジットカードが使えない場所がまだまだあるのと、外国の大半はチップの慣習があるため、少額でも現金の所持が必要なのです。
もし現金の持ち歩きに不安があるようなら、トラベラーズチェックへの両替を行うことも可能です。
トラベラーズチェックは、海外旅行者の盗難や亡失といったトラブルを防ぐためにできた仕組みで、万が一盗難や紛失しても
発行元から再発行してもらえる保障がついています。

 

あとがき

日本とは勝手が違うので、いざ支払いのときに支払方法や良くわからない慣習に慌ててしまわないか、そんな不安がつい頭をよぎるものです。

せっかくの海外旅行なのに、不安感から行動範囲が狭くなり、充分に楽しめなかったという声をよく耳にします。
このように、普段の日本での生活では特に意識しない支払方法も、渡航先の国によって変わってくるので、上に挙げたキーワードを理解しつつ、渡航前にその国の情報収集をすることをおすすめします。