外でのキスが許されるシチュエーション6つ

外でのキスが許されるシチュエーション6つ
キスにおけるTPOに関して世界的に厳しい水準を持つ日本人女性へキスしようと目論んでいる国内外の男性諸君へ
女性がキスを喜ぶTPO、時(time)、所(place)、場合(occasion)をマスターして下心を・・・いや、爽やかなキスをしたいですよね。
本記事では、女性を喜ばすキスをするために、それぞれのシチュエーションの重要ポイントをエスコート致します。

 

外でのキスが許されるシチュエーション6つ

 

① 待ち合わせの駅


シェリル・カーシェンバウム著、「なぜ人はキスをするのか」で、キスは母親の乳首をしゃぶって母乳を飲んだり、母親から口移しで食べ物を受け取ることで物を食べるという摂食行動の、原体験とかかわりがあるということを示唆しています。
駅での待ち合わせの後に二人でおいしいものを食べに行く計画を事前に立てておくと、いざ二人が会ったときにキスがしたくなるかもしれませんよ。
また、駅の雑踏の中でキスをするのはなかなか勇気が要るもの。そこで、駅の近くに手ごろな公園などのキススポットがある駅を待ち合わせ場所に選び、そこを二人でぶらぶらと歩けるようにするなどの工夫も有効でしょう。

 

② 別れ際


中世ヨーロッパでは、事務的なキスも発達し、法律にのっとって契約や商取引を正式にまとめるときにはキスをしていたそうです。
当時の男性の多くは読み書きができないので、契約者の署名欄にバツ印を記し、そこにキスをして合法化していたと伝えられています。
このやり方は現代にも引き継がれており、今でも手紙などにバツ印をかいてキスをあらわし、「キスで封をしました。」の意味を込めて、ラブレターの入った封筒の裏に、”SWAK”つまり、”Sealed with a kiss.”と書き添えることもあります。
というわけで、デートが終わって次に会う約束と同時に、別れ際のキスをしてみましょう。そこには、浮気をしないでねという、契約の意味も込められているかもしれませんね。

 

③ 電話越しのキス


チャールズ・ダーウィンによると、キスが文化的に浸透していない地域の多くは、互いの鼻をこすり付ける風習があるといます。
また、人気お笑い芸人ダウンタウンの浜田さんの幼少時代には、鼻ナーメンという遊びが流行したそうです。これは男友達の鼻をなめてからダッシュで逃げ、なめられた友達が臭がるのを見て笑うというものだそうです。
キスのもつ役割の一つに、においの交換という要素が強いのはまず間違ありません。電話越しのキスではにおいの交換はできないので、キスのもつ親密さを深めあう効果は期待できないのでしょうか?
ご心配は要りません。人にはミラーニューロンという脳内の神経伝達の仕組みが備わっており、梅干しを見たら唾液が出てくるように、物事を連想するとすばやく生体に反応が出るようになっているのです。
電話越しにチュッというだけで、パートナーはあなたの姿を連想してうっとりすることでしょう。

 

④ ごめんねのキス


ヒトとDNAの大部分が一致する類人猿の、チンパンジーやボノボもキスをするそうです。しかも面白いことに、キスをする相手は愛する異性にかぎらず、ときには同性のけんかをしている相手ともするそうです。
キスをすることで、言葉を持たない類人猿は自らの感情や意志を、相手を傷つけることなく伝えていると考えられています。感情や伝えたい意志の種類によって、キスで伝わる唾液の味や体臭、口臭が微妙に変化しているのかもしれませんね。
カップルで喧嘩をしてしまったら、あまりけんけんがくがくに議論をするよりも、ごめんねのキスをした方が早く仲直りできるでしょう。

 

⑤ デートの定番、ボート上のキス


まだキスをしていないカップルにおける最初のキスは実はデート中の野外になる可能性が非常に高いものです。
とすると、確実にキスがOKなTPOを選択しないと未来永劫二人の関係には、ちっちゃな問題を抱えてしまいます。

デートというものは楽しければ楽しいほど成功といえるものです。女性でも定番のボートの上でのキスは高確率で許可されているので、男性諸君は攻め時です。いやキスしなかったらそれは相手に「わたし実は好かれていない?」とさえ思わせてしまいかねないので、最低でもボートの上で、告白くらいはしときましょうか。

 

⑥ エロティックなキス


ヤギや猫などの四足の動物の多くは、仲間のしるしに匂いを嗅がせあいます。においという情報が、あたかも指紋認証のように仲間同士の身分証明になり、きずなが深まる効果があるといわれています。
我々人間も、セックスによって触れ合わせる行動をとりお互いが口を差し出すキスとなって落ち着いたのではないでしょうか。
というわけで、動物的本能的にお互いが近づきあうのと同時に、二人の立場は対等であるという、
理性的な要素を組み合わせれば、最も女の子がエロティックに燃え上がるキスとなることでしょう。

 

最後に…

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

はい、男性の諸君には落とし穴だらけですからね。
男なら隙アラバあらば女性にキスしたくなるのですが、女性は男の何倍も人目や場所を気にします。

以上、「外でのキスが許されるシチュエーション6つ」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ちゅ!