キスの長さを変えて円満な関係を築いていこう

キスの長さを変えて円満な関係を築いていこう
何秒されるキスが好きですか? 何秒するキスがお好きですか?
筆者は口角に6秒以上の長いキスをされたい派です。
本記事ではキスの長さによって捉える意味を考えたので円満なカップルのキスに、少しだけお役立てください。

 

キスの長さを変えて円満な関係を築いていこう

 

「コンマゼロ秒」一瞬の軽いキス

一秒にも満たない一瞬のキス。
それは、私が彼女と一緒にカラオケパーティーに来ているときでした。彼女がちょっとトイレに立ち、ほかの友達も目を離しているその一瞬のすきに、ある女友達の子は、私に一種の軽いキスをしてきたのです !
彼女を連れて来た私を困らせようとしたちょっとしたいたずらなのか、それとも、少なからず私に好意があったのか定かではありません。ミステリアスな気分にさせてくれる、サプライズなキスだと言えるでしょう。
一瞬の軽いキスをされた側の方は、強い印象を心の中にのこすことになると思います。そういう意味では、一種のフラグ立てや、マーキングのような意味合いもあるのかもしれませんね。

 

「1秒間」短めのキス

1秒間くらいのキスってどんな時に多いものでしょうか?
お互いの生活が忙しいときや、いま何かの作業していて手が離せない時かもしれませんね。
つまり、デートや記念日用ではなくて、同棲や結婚をしているカップルに多いものだと思いますね。
「たった1秒間しかキスしたくないの?」ではなく、「お互い人生の目標もあるし、今は1瞬のキスでも十分だよね。」という、信頼のキスとでも呼べるものなのでしょう。
そして、1秒間くらいの軽いキスを日常的にしていれば、ちょっと時間に余裕が取れた時などは、もっと長い時間のキスを楽しめるようにもなるでしょう。
そう、食欲を増進させてくれる前菜のようにです。

 

「3秒間」色々確かめられるキス

3秒間くらいのキスはとても深い関係のキス。

マジシャンが、「1・・・2・・・3 !パチン!」と指を鳴らすと、バラの花束が出現したり、ハトが飛び出したり。これから何かが起こることを観客に期待させ、
ワクワクさせるにはこの3秒という時間を使うのがコツなのかもしれません。
そこで、この仕掛けをキスにも応用してみてはいかがでしょう。彼氏や彼女、旦那さんや奥さん、はたまた気になる異性に対して3秒間のキスをした後に、
「ほら、これ君が前から欲しがっていたプレゼントだよ。」とか、「結婚しよう。」とか。これこそまさに、キスのイリュージョンです。

また、三秒間のキスであれば生物的に、いま、あいてがどんな状況を肌で感じることができるでしょう。思いやりを込めて、察する気持ちで、興奮しないでキスをしてみましょう。

 

「5秒間」歓喜のキス

5秒間くらいのキスは、筆者の個人的な感想から言うと、遠距離恋愛や仕事の都合などで、会いたくても会えない期間が長いカップルの二人が、再会を喜ぶ時のキスに多いように思います。
久しぶりの唇の感触を確かめ合い、この5秒間の間に、会えなかった期間のネガティブな思い出や、寂しさが溶けてなくなっていく。
そんな素敵な5秒間くらいのキスができるといいですね。

 

「10秒間」相手を支配するキス

テンカウントのキス。
これはまさに、ボクシングのテンカウントゴングのようなものですね。魅力的なあなたの唇から放たれる、キスという名のKOパンチ。
1から3秒間は、彼氏も一体何が起きたのかわからず、4から6秒ほどしてようやくダメージを受けたことに気がつき、正気を保とうともがく。しかし、カウントは7・・・8・・・と進んでいき、レフェリーは苦悶の表情を浮かべつつ、激しく頭上で両腕を交差させるのです。
10秒くらいの長いキス。それは、異性をノックアウトする強烈なパンチなのです。

 

「30秒〜1分間」鼓動を確かめる長いキス

数えきれない長いキス。

ポリネシアンセックスという言葉をご存じでしょうか? これは愛する男女がことに及ぶ際に、抱き合ったまま体を動かさずに、お互いの体温や呼吸、心臓の鼓動を感じ合うというものなんです。
30秒から1分間くらいの長いキスも、このポリネシアンセックスのような効果があると言えるでしょう。つまりは最大級のリラックスとともに、お互いの存在を確かめあい、時にはそのまま眠りについてしまう・・・。
こんなあいまいなコミュニケーションもまた、新たな世界を開いてくれそうです。

 

最後に…

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

本当に大好きな人となら何時間でもキスしていられるのは筆者だけでしょうか?
あぁ、とろけるようなキスがしたいですね。大好きな人と。

以上、「キスの長さを変えて円満な関係を築いていこう」でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ちゅ!