1000万円の純金資産運用方法と税制基礎知識

純金のスプーン
1000万円で実物資産運用を考える際、純金は個人投資家の方々に人気の投資商品です。そこで、純金投資についてのさまざまな知識や、純金投資をする場合の税制についてお伝えします。

[ad#hotty-moretag]

1000万円の純金資産運用方法と税制基礎知識

 

1.純金投資の商品の種類を知る

純金を実物資産運用する際、株式や債券と違うのは、純金そのものに価値があることです。株式や債券は、発行会社が倒産してしまうと価値がゼロになってしまいますが、純金は実物資産なので、価値がゼロになるということはありません。

純金投資には多くの商品があるので、取り扱い機関と投資単位も併せて以下にご紹介します。

取り扱い機関 投資単位
純金積立 銀行、証券会社、メーカー 1000円〜
金地金 銀行、証券会社、メーカー 3万円〜
地金型金貨 銀行、メーカー 4万円台〜
金ETF 銀行、証券会社、メーカー 5000円〜
投資信託 銀行、証券会社、保険会社 1万円〜
金CFD 証券会社、ブローカー 1万円〜

 

このようにいろいろな商品がありますが、純金積立、金地金、地金型金貨は純金そのものを購入する商品なので、資産を増やすというよりは資産を守るという性格の商品です。純金は実物資産であるにもかかわらず、固定資産税がかかりません。けれども一方で、預けておいても利息のようなものは付きません。

純金の価格が上昇傾向にある現在、純金を購入するメリットは、2つあります。1つは、価値がゼロにならない実物資産によって資産を保有するという安全性です。もう1つは、将来純金を売却した際に購入価格との差益が出ることが予測できるということです。これらの純金そのものを購入する商品は、投資初心者向けといえます。

金ETF、投資信託、金CFDは、純金そのものを購入する商品ではありません。金ETFは、金価格連動型上場投資信託です。つまり、純金を扱う会社の債券に投資する投資信託です。投資信託も純金を扱う会社の債券に投資するのですが、投資信託がプロに運用してもらうのと異なり、金ETFは投資家自身で値動きを見て売買を判断する商品です。金CFDは、金先物取引と同種の商品です。例えば半年後に、あらかじめ決められた価格で純金を1キロ買う約束、または売る約束をし、純金1キロの時価よりもずっと少ない「証拠金」を支払います。そして半年後に、あらかじめ決められた価格で売買し、その価格よりも売買時の時価が上昇していれば差益を手に入れることができるという商品です。これらは実物資産の純金に投資するよりもハイリスク・ハイリターンなので、投資上級者向けといえます。

純金投資の商品で、興味を持たれたものがありましたか。

 


 

2.1000万円で純金投資をする

さて、初心者の個人投資家のみなさまが1000万円の資産運用を考える際には、1000万円の5〜10%、すなわち50〜100万円を純金に投資するのがよいでしょう。純金投資に慣れるまでは、純金そのものへの投資商品をお勧めします。

ただ純金そのものへの投資は、前述したように資産を守るための投資ということになります。そのため、資産を守るだけでなく増やしたいと思われる場合は、残りの900〜950万円のうちいくらかを資産を増やすのに適した商品に投資されてはいかがでしょうか。

このように、運用資産を何にどれぐらい投資するかという組み合わせのことを「ポートフォリオ」といいます。ご自身のポートフォリオを考えるときの組み合わせの項目例が、以下の3点です。

  • ローリスク・ローリターンの商品とミドルリスク・ミドルリターンの商品
  • 円建ての商品と外貨建ての商品
  • 株式と債券

ローリスク・ローリターンの商品で資産を安全に守る一方、ミドルリスク・ミドルリターンの商品で資産を増やすのが理想です。また、日本の景気が低調でも外国は好調ということがあるので、円建ての商品と外貨建ての商品を組み込むとよいでしょう。そして株価が上昇しているときには債券の価格は下落するという傾向があるので、両方をバランスよく組み込みましょう。

純金投資の商品も、前述した5〜10%をポートフォリオに組み込むとよいと言われています。

 

 

3.実物資産の純金に投資する際の税制を知る

実物資産である純金への投資の中でも、特に初心者向けの純金積立を例に、税制の説明をします。

同じ純金積立でも、売却がそれほど頻繁でない場合、利益は譲渡所得となります。さらに、売却した商品の所有期間が5年以下であれば短期譲渡所得となり、5年超であれば長期譲渡所得となります。それぞれの譲渡所得の課税対象額の計算式は以下の通りで、特別控除があります。

短期譲渡所得は、売却価額−(取得価額+譲渡費用)−特別控除50万円
長期譲渡所得は、(売却価額−(取得価額+譲渡費用)−特別控除50万円)×1/2

また純金積立のスポット購入といって、短期間の売買差益を目的として頻繁に純金を売買すると、営利目的の継続取引に当たるとみなされ、利益は雑所得となります。雑所得の課税対象額の計算式は以下の通りで、控除はありません。

総収入金額(給与所得+雑所得など)−必要経費

このように、商品の所有期間や売買の形態によって。課税対象額が大きく違ってくるので、実物資産である純金への投資で、手元に残る利益が減らないようにご注意ください。

 

まとめ

純金で1000万円の実物資産運用!投資・税制基礎知識

  1. 純金投資の商品の種類を知る
  2. 1000万円で純金投資をする
  3. 実物資産の純金に投資する際の税制を知る

1000万円を資産運用する際の純金投資の商品の種類や、どの程度ポートフォリオに入れたらよいのか、参考になったでしょうか。純金投資の税制をお知りになって、上手に実物資産運用していただければ幸いです。

一度は、純金の延べ棒やコインを手にしてみたいものですね!
以上、「1000万円の純金資産運用方法と税制基礎知識」でした。

[ad#hotty-afterpost]
  • All About:http://allabout.co.jp/gm/gc/11481/
  • All About:http://allabout.co.jp/gm/gc/384346/2/
  • 田中貴金属工業:http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/
  • 金投資の基礎知識:http://kinkai.biz/sakimono.html