100万円を純金で運用したい! 実物資産の税制基礎知識

純金の富士山
Photo By DAICHI KATO

純金が資産運用の対象だということを、ご存知でしょうか。何となくは知っていても、詳細はご存知ないという個人投資家の皆さまに、実物資産である純金の投資の基礎知識や気になる税制についてお伝えします。

[ad#hotty-moretag]

100万円を純金で運用したい! 実物資産の税制基礎知識

 

1.純金投資の商品の種類を知る

資産運用をしたいと思った時、パッと純金投資を思い浮かべる方は少ないかもしれません。まだまだ認知度の低い純金投資。けれども、個人投資家の皆さまにも手軽に投資できる純金投資の商品は確実に増えてきています。以下にご紹介しましょう。

  • 純金積立
  • 金ETF
  • 投資信託
  • 金地金
  • 地金型金貨
  • 金CFD

「純金積立」は毎月1000円から投資できる商品もあり、リスクが低いので初心者向けの商品です。「金ETF」は、金価格に連動するようにつくられた上場投資信託で、毎月5000円ぐらいから投資できます。

「投資信託」は、金鉱山を持つ世界中の会社の株式に投資する商品です。リスクはやや高めですが、リターン(投資収益)は中くらいを期待でき、投資上級者向けです。「金地金」は金の現物そのもので、さまざまなサイズの金の延べ棒(バー)です。3万円ぐらいから投資できますが、500g未満のサイズのバーには、手数料(バーチャージ)がかかるので、何百万円という単位の資産運用に向いています。

「地金型金貨」は1万円ぐらいから投資でき、バーではなく金貨なのでチャージ料がかかりません。「金CFD」は、レバレッジといって、先に預ける証拠金の何倍かの金額で取引することができます。1万円ぐらいから投資できますが、ハイリスク・ハイリターンの商品なので、投資上級者向けです。

それぞれの特徴をご理解いただいた上で、ご自分に合った純金投資をしましょう。

 


 

2.純金積立のメリットを知る

それでは、投資初心者向けの「純金積立」に注目して、そのメリットをご紹介しましょう。

純金積立のメリットの一つは、毎月1000円からと手軽に投資できることが挙げられます。そして、定期・定額制で純金を少しずつ購入するという形なので、購入時期を分散できます。これを「ドルコスト平均法」といいますが、リスク分散できるほか、一口当たりの購入額の平均を低く抑えられます。

銀行口座からの自動引き落としで積立するシステムなのも便利です。また、時間的に余裕があって金の相場を注視できる投資家の方であれば、「スポット購入」といって、安いと思った時に追加資金で購入することもできます。

積み立てた純金の保管法には「消費寄託」と「特定保管」があり、純金取り扱い機関のほとんどは消費預託を採用しています。これは、投資家が預けた純金を取り扱い機関が運用するという方法で、運用益が投資家に還元されます。特定保管の場合は、運用益が還元されないかわりに、預けた純金の元本が保証されます。

また純金積立は、投資家が好きな時に売却できるので、ある程度の収益が見込める時点で売却できます。ただ、そのためには長期に運用が可能な資産を投資しておくことが重要です。

 


 

3.純金積立のデメリットを知る

純金積立にはデメリットもあります。純金積立は、購入手数料もしくは年会費という形でコストがかかる場合がほとんどです。

消費預託の場合はコストが安いことが多いのですが、消費預託では預けた純金が運用されるため、純金の元本保証はありません。ただし取り扱い機関によっては、投資家が預けた純金と同等の価値の現金を別途用意するなど、自社や保管会社が倒産した場合に備えてリスク管理しているところもあります。

とはいえ、純金積立は全般的にリスクの低い商品です。そういった意味でも初心者向けなのですが、リスクが低いということはリターンも低めだということです。「積立」という言葉通り、コツコツと少しずつ長期間投資するタイプの商品が、純金積立なのです。

 


 

4.100万円を運用して純金投資を始める

具体的に、初心者の個人投資家が100万円の資産で純金投資する場合の、経費や税金、収益を考えてみましょう。純金投資デビューの際には、ローリスク・ローリターンの「純金積立」と「地金型金貨」が良いと思われます。

ここでは、ネット証券会社である楽天証券株式会社のケースを例にして「純金積立」の始め方をご説明しましょう。

始めに、楽天証券に口座を開設して100万円を入金します。積立は、定量制といって1g以上1g単位で純金を購入する方法もありますが、ここでは定額制を選択したとして、毎月2万円の純金積立をする場合について見ていきます。

純金を購入すると、代金の2.5%(税込だと2.7%)の手数料がかかります。楽天証券では年会費と純金の保管料は0円ですので、購入時点では手数料分の毎月540円がマイナスです。100万円の投資であれば、最終的には2万7千円のマイナスとなります。

次に純金積立を売却する際ですが、楽天証券の場合、売却手数料は0円ですので、問題は税金です。純金を売却した際の売却益は譲渡所得となり、税金がかかります。売却した純金を保有していた期間によって課税額が違うのですが、5年以内の短期間の保有の場合は、以下の計算式となります。

短期譲渡所得 = 売却価額(仮に150万円とします)−(取得価額100万円+譲渡費用0円)−特別控除50万円=0円

すなわちこの場合、売却価額が150万円以内(つまり収益が50万円以内)であれば、譲渡所得は0円になり、課税額も0円となります。例えば収益が10万円だったとしますと、10万円(収益)−2万7千円(購入手数料)=7万3千円(最終の収益)となります。

保有期間が5年だったとして収益率を見ますと、7万3千円÷5年=1万4千6百円が1年当たりの収益額です。これを、一度に100万円投資したとして単純計算しても、1.46%の収益率ですね。現在、銀行の定期預金の利率は最高でも0.05%ほどなのと比べると、その差は歴然です。

純金積立のメリットとして、先ほど、投資家の好きな時に売却できるとお伝えしました。収益を見込める時点で売却できるのは大きなポイントなので、長期に資産運用される際は、100万円貯まっていなくても純金積立がおすすめです。

 


 

5.純金投資の際の税制を知る

最後に、純金投資の税制はどのようになっているでしょうか。純金投資では、不動産などと違って固定資産税がかからないというメリットがあります。固定資産税は、西暦2018年の10月時点で評価額の1.4%ですので、この税金が0円というのは大きなポイントです。

純金投資の商品は購入の際に消費税がかかりますが、売却の際にも消費税込みの金額が支払われます。この売却時の消費税は、個人投資家の場合、納付免除額の1000万円以内であれば納める必要がありません。つまり個人投資家の場合は、購入時と売却時の消費税分がプラスマイナス0ということです。

また、純金投資の商品の売却益は譲渡所得となり、他の譲渡所得と合わせて課税されます。その際、売却した商品の保有期間により、課税対象額は以下の表のようになります。

商品の保有期間 課税対象額
5年以内 売却価額−(取得価額+譲渡費用)−特別控除50万円
5年超 (売却価額−(取得価額+譲渡費用)−特別控除50万円)×1/2

 

なお、純金投資の商品で損失が出た場合は、他の譲渡所得と通算して相殺することができます。

このような税制も考慮に入れて、純金投資デビューされるのがよいでしょう。

 


 

まとめ

100万円を純金で運用したい!実物資産の税制基礎知識

  1. 純金投資の商品の種類を知る
  2. 純金積立のメリットを知る
  3. 純金積立のデメリットを知る
  4. 100万円を運用して純金投資を始める
  5. 純金投資の際の税制を知る

純金投資を、身近に感じていただけましたでしょうか。一口に純金投資といっても、さまざまな商品があります。ご自分が納得のいくリスクとリターンのバランスを考えて、商品を選びましょう。

手軽な商品もあるので、純金投資デビューしてみたくなりますね!
以上、純金を100万円で実物資産運用したい方の投資・税制基礎知識5つのポイントでした。

[ad#hotty-afterpost]

参考リンク

  • 楽天証券:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/gold/beginner/01.html
  • 楽天証券:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/gold/rule.html#skip21
  • 金投資の基礎知識:http://kinkai.biz/
  • 高利回り・元本保証の資産運用法を探せ:http://xn--ruqw7a149bsymza3943abzd0vi.com/
  • All About:http://allabout.co.jp/gm/gc/393575/
  • 三菱マテリアル:http://gold.mmc.co.jp/primer/qa/