お金がない苦しみを歌って忘れてごまかすのに適した5曲

singasong
お金がない時というのは、つらく苦しいものです。
でも、そんなときほど歌を歌って、明るい気持ちでいたいものです。
では、お金がないつらさと苦しみを忘れることができる曲というのには、どんなものがあるのでしょうか?

お金がない苦しみを歌って忘れてごまかすのに適した5曲

 

1.お金がない苦しみをごまかすなら、ゆずの「栄光の架橋」を歌う

お金がなくてつらく苦しいときであっても、ゆずの「栄光の架橋」を歌うと忘れられるという人がいます。
ゆずのこの曲はオリンピックのテーマにもなった曲で、「努力したら、いつかは報われる」と歌っています。
この前向きな歌詞で、もう少し頑張ろうと思える人が多いのです。
ゆずの歌う歌は、どれも前向きなものばかりです。
ですから、ゆずの歌を聴いて元気になれるという人が多いのです。
特にこの曲は、努力をしている人が報われた、というストーリーになっています。
ですから、今、お金がない状況でも、必死に頑張っている人たちへの応援歌にも聞こえるのです。
「お金がなくて苦しい状況は今だけだ」「いつか栄光の架橋が待っている」と信じることができれば、あと少しだけ頑張ってみようかなという気持ちになります。
確かに報われない努力もあります。
でも、成功している人はみんな、人よりもたくさんの努力をしている人なのです。
そのことを改めて考えさせてくれる曲が、この「栄光の架橋」なのではないかと思います。

 

2.お金もないし、自分に負けそうなときにはZARDの「負けないで」を歌う

お金がないときは、自分に負けそうになってしまいがちです。
諦めてしまうことも多く、もういやだと思うことも多いでしょう。
そんなときに聞きたい、歌いたい曲は、ZARDの「負けないで」です。
「負けないで」といえば、夏の24時間テレビでも毎年流れる応援歌としても有名です。
自分に負けそうになってしまう瞬間は、誰にでもあります。
お金がないだけで、何もかもを諦めてしまいそうになることもあるでしょう。
でも、そんなときでも、「負けないで」を聞いたり、歌ったりすることで、もう一度頑張ろうと思ったり、負けてたまるかという気持ちを持てる人が多いのです。
昔から愛され続けていて、世代を問わず、つらい状況にある人を励ましてくれる名曲なのです。
今、お金がなくて自分に負けてしまいそうなら、一度「負けないで」を口ずさんでみてください。
もう一度やってみようという気持ちになって、また頑張ることができるかもしれません。

 

3.稼ごうと思うなら、ウルフルズの「ガッツだぜ!」を歌う

お金がないときの苦しみを歌ってごまかしたいなら、ウルフルズの「ガッツだぜ!」を歌う人もいます。
ウルフルズの曲は、いつでも元気を与えてくれます。
中でも「ガッツだぜ!」は、今、元気がない人でもすぐに元気になれる曲です。
この曲を歌って、お金がない苦しみをごまかそうと思う人には、男性が多くいます。
歌詞にも「男は汗かいて…」というフレーズがある通り、かっこいい男の生き様のようなものを歌っているのです。
だからこそ、この曲を歌うともう一度頑張ろう、いつかやってやる、という気持ちになる人が多いのです。
お金がない苦しみというのは、想像以上に辛いものです。
くじけてしまうこともあると思います。
もう止めたいと思うことも少なくありません。
でも、今の状況から逃げてしまうのは、現状を何も変えないことと同じなのです。
今の現状を変えようとしなければ、心が折れることもないでしょう。
でも、お金がない人というのは、少なからず現状を変えたい人たちです。
変化は厳しいものなので、つらいこともたくさんあるでしょう。
そんなときには、「ガッツだぜ!」を聞いて頑張ってみてください。

 

4.お金がなくて苦しいの時には嵐の「サクラ咲ケ」を歌う

お金がなくて苦しい状況のとき、女の子に支持される曲は嵐の「サクラ咲ケ」です。
嵐はもともと、女の子に支持されるグループですが、何かにくじけてしまいそうになったとき、嵐の曲の中でも、「サクラ咲ケ」を聞いて歌って、もう一度頑張ろうと思う人が多いのです。
「サクラ咲ケ」は、ちょうど受験シーズンに流れることが多い曲です。
歌詞の内容も、前向きで、頑張れば報われると歌っています。
お金がない時の苦しみというのは、同時に、不安でもあります。
不安で不安で仕方がないという瞬間が、お金がない状況では訪れるのです。
そのときにくじけてしまうと、一生そのままになってしまうこともあります。
そうなりたくないのであれば、あと少し、頑張るしかないのです。
そのとき、自分を励ましてくれる応援歌が、嵐の「サクラ咲ケ」なのです。
メッセージ性の強い曲なので、今を変えたいと思う人、くじけそうだけどもう少し頑張りたいと思っている人の背中を押してくれる曲です。
お金がなくてつらいときには、嵐の「サクラ咲ケ」を聞いて歌って、もう一度だけでも頑張ってみてください。

 

5.お金に困って憂鬱な気分をごまかすなら「どんなときも。」を歌う

お金がないときというのは、憂鬱なものです。
そんな気分をごまかしたいのなら、槙原敬之の「どんなときも。」を歌ってみてください。
この曲の歌詞は、上京するときの気持ちを歌っています。
でも、「負けたくない」「頑張ろう」と思う気持ちというのは、どんな状況でも同じものです。
お金がないときは、くじけたり、負けそうになったりしてしまいます。
こんな状況は嫌だと思うことも少なくありません。
周りと比べて勝手にへこんでしまうこともあります。
そんなときに、「それでも頑張ろう」と思うことができる曲なのです。
「どんなときも。」は昔から応援ソングとして有名でした。
「つらいことがあっても、この曲を聞けば元気になれる」という人が多いのです。
お金がない人も同じで、本当は、負けたくなんてないんです。
負けたくないけど、お金がない状況というのには、誰でも負けてしまいそうになります。
そんなときに、自分を励ましてくれる曲は、同時に自分の背中を押してくれる曲になります。
お金がなくてつらいときには、ぜひ、歌ってみてください。

 

まとめ

お金がない苦しみを歌って忘れてごまかすのに適した5曲は、以下の通りです。

1.お金がない苦しみをごまかすなら、ゆずの「栄光の架橋」を歌う
2.お金もないし、自分に負けそうなときはZARDの「負けないで」を歌う
3.お金がない時の苦しみをごまかすなら、ウルフルズの「ガッツだぜ!」を歌う
4.お金がなくて苦しいときには、嵐の「サクラ咲ケ」を歌う
5.お金に困って憂鬱な気分をごまかすなら槙原敬之の「どんなときも。」を歌う

お金がないときには、誰でも自分で自分に負けそうになる瞬間があります。
でも、そんなときに、今回紹介した曲を歌ってみると、少し気分が変わるかもしれません。
お金がないときにこそ、心を豊かに過ごしましょう2018。