幸せを招くといわれる猫の特徴をご紹介!

幸せを招くといわれる猫の特徴をご紹介!
猫を心から愛するみなさまへ
猫と暮らしてさらなる幸運を手に入れたいとお考えの方に、幸運を招くといわれる特徴を持つ猫たちをご紹介致します。

幸せを招くといわれる猫の特徴をご紹介!

 

1.黒猫

黒猫
黒猫については、縁起が悪いという説もありますが、むしろ日本では古来から、幸運を招く動物として親しまれてきました。
例を挙げると

  • 魔除けや幸運の象徴
  • 結核が治る
  • 恋煩いにも効果

と主に3つの説があります。

魔除けや幸運の象徴

猫は夜も目がよく利き、暗闇も苦にすることなく、駆け回ることができます。
そのような特徴から、さまざまな物への『見通しが大変良い』という意味に転じて、魔除けや幸運の象徴とされます。

結核が治る

結核はその昔、不治の病として大変に恐れられてきました。
江戸時代には、黒猫を飼うとそんな結核が治るという迷信が生まれていたほどに、黒猫の存在はありがたいものだったようです。
新選組の沖田総司は、この迷信を信じて結核の療養中に黒猫を飼っていたとされています。

恋煩いにも効果

これは先に述べた結核にも関係するのですが、その昔、結核の原因は気うつや恋煩いなのでは、とまことしやかに囁かれておりました。
このことから、結核が治る=原因である恋煩いにも効験がある、とされていたのです。

さらには、海外にも目を向けると、中国では古来から「幸運」と「富」の象徴とされ、愛されてきました。
スコットランドやイングランドにおいても、その昔、古代ケルト人が黒猫には不思議な能力が備わっていると考え、人智を超えた予言能力を持っているとあがめていました。そのことからも、黒猫は幸運の象徴とされています。

一方、黒猫のもつミステリアスな雰囲気から、魔女の使いとされて不当に殺されてきた悲しい歴史もありましたが、多くの地域で黒猫は幸運の象徴とされていたのです。

 

2.オッドアイ(金目銀目)

オッドアイ

オッドアイとは、両目の瞳の色が異なる事を指しており、日本では「金目銀目」とも呼ばれております。
オッドアイの宝石のような綺麗な瞳は、神秘的で吸い込まれるような美しさがあり、とても魅力的です。

この、両目の瞳の色が異なる見た目は先天的な遺伝子異常のひとつとされており、出現率は大変に少ないのです。
その希少性から「幸運を運んでくる猫」と言われています。
見かけること自体めったにないオッドアイの猫は、見つけるだけで幸運に恵まれるとさえ言われています。本当に珍しいので、見かけた方はそれ自体幸運と呼べるかもしれません。

しかしながら、オッドアイの猫には青いほうの目の側の耳が聞こえないケースがあるようで、他の猫に比べてやや体が弱い傾向があるようです。

実は、筆者もオッドアイの猫と一緒に暮らしておりますが、他の子に比べて少し弱いように思います。
しかし、目が合うたびにその瞳の美しさに毎度見とれてしまいます。本当に神秘的な魅力がある子で、共に暮らせることに幸せを感じています。
下の画像、手前の猫が我が家のオッドアイです。

 

3.カギしっぽ

鍵しっぽ
続いて紹介させていただく幸運の猫は「カギしっぽ」を持つ猫です。
この説はヨーロッパで信じられており、釣り針の様に曲がったしっぽの先に幸運をひっかけてやってくるといわれ、大事にされてきました。

日本では比較的目にする事も多いカギしっぽの猫ですが、ヨーロッパではあまり見かけません。
カギしっぽは、片方の親がしっぽの長い猫と、もう片方の親のしっぽが短い猫から生まれることが多いようです。2種類の異なる遺伝子が交わってカギしっぽが発現しやすいようですが、もちろんまっすぐなしっぽの子も産まれてきます。

また、産まれたての子猫の時に、母猫にしっぽを踏まれるなどの物理的要因が加わることで、カギしっぽになるケースもあります。

実は、日本には『猫又』という妖怪がいるとされてきました。
しっぽの長い猫が長生きをするとしっぽが二股に分かれ、猫又になると言い伝えられており、夜中になると油を舐めに来たり、主人を襲いに来たりするといわれ、恐れられてきたのです。
しかし、短い尾やカギしっぽの猫は猫又にならないとされ、人気がありました。
そういう意味からも、日本でもカギしっぽは歓迎されていたようですね。

 

あとがき

ここまでの長文をお読みいただき、ありがとうございます。

猫は本来、穀物を荒らすネズミを捕らえてくれることから、人間にとって有益な動物とされ、9000年前から一緒に生活をするようになりました。
この、猫と人間の共生関係は「人間が強引に飼いならした」というよりは、猫が自らの意思で人間に近づいてきたという考え方が主流で、猫自身が人間のそばで暮らすことで得られるメリットを選択してくれたとされています。

ヨーロッパのウイスキー工場でも大麦を食い荒らすネズミや鳥を退治するため、猫が重宝されており、倉庫番として私たちの役に立ち、利益をもたらしてくれているという歴史があります。

猫はそこにいてくれるだけで、すでに幸運を私たちに与えてくれている存在なのだと感じます。
これから猫を家族に迎えたいとお考えの方が、本記事を参考にしてくださり、ご自身の直感で運命を感じた猫をお迎えいただければ幸いです。

以上、「幸せを招くといわれる猫の特徴をご紹介!」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。