財布に入れると金運が上がるアイテム5点!


世界中のほとんどの方が、少しでも多くの富を呼び込みたいと思っているのではないでしょうか?
本記事では、財布に入れておくと金運がアップするアイテムをご紹介いたします。

財布に入れると金運が上がるアイテム5点!

 

1.ピン札

ピン札は、誰の手にも触れていない無垢のお金です。使い古しのお金はすでに誰かの手を経て、その人のさまざまな思いや念が染みついています。中にはそのお金を手放したくなくて、断腸の思いで使った人がいるかもしれません。
あるいは誰かがギャンブルで自棄になって散財したお札が、巡り巡って私たちの手元に留まっているのかもしれません。
いずれにしても他人の思いや念がたくさん付着しているのが使い古しのお札。それを使うことで、自分も知らずに知らずのうちに影響されてしまう可能性があります。
また、ピン札は支払をする際に受け取る側も気持ちが良いですよね?
支払いをする方自身も、気持ちよく使うことができるはずです。
富裕層の方も、現金でのお支払いの際に新札を利用するという方が多いのです。

ピン札は、銀行で両替することで手に入れられます。

真新しいお札が揃った財布というものはとても気持ちが良いものです。
一度お試しになってはいかがでしょうか。

 

2.蛇の抜け殻

「財布に蛇の抜け殻を入れておくと財運に恵まれる」とよく言われます。

風水的な観点から、蛇は悪い垢や気をすべて脱ぎ捨てるという風に捉えられ、命や生命力を司る動物とされます。
脱皮する姿は無限の発展に喩えられ、そこから金運をよくする効果があると言われるようになりました。

肝心の抜け殻の入れ方ですが、お財布のどこに入れるべきという決まりはありません。特に気を付けなければいけない点は、決して乱雑に扱わないことだそうです。
入れておく場所を決めたら、そこに丁寧に入れて、きれいに保存しましょう。時々取り出して「いつもありがとうございます」「とてもお金に恵まれて幸せです」などポジティブな言葉をかけて、感謝を示すことが非常に大切なようです。
入手方法としては、ヘビを飼育している人がいれば、その方にお願いするという手段もありますが、インターネットなら1,000円前後で購入することも可能です。

 

3.鯛の鯛

『鯛の鯛』とは?
これは鯛の骨の一部で、胸びれの付け根の位置に存在し、小さい鯛のような形をしています。

鯛の鯛

鯛の鯛は江戸時代の文献にもすでに載っており、「めでたい鯛の中でさらにめでたい形である」とされ、縁起物として喜ばれてきました。
この骨を肌身離さず持ち歩くと金運が豊かになるという言い伝えがあり、魔除けのお守りや福を呼ぶ縁起物として肌身離さず持ち歩いたり、財布に入れるとお金が貯まるとも言われています。

鯛を丸々一匹購入することができれば、鯛の鯛が2つ手に入れられるので、入手は比較的容易です。

 

4.札束

『札束を入れる』と言うことは、すでにお金を持っていることなので、あまり意味のないことなのでは? と思いますよね。
実は、札束は本物ではなくても、疑似でいいそうです。つまり、お札と同じ大きさに切った紙を束にして、一番上と下を本物で挟むわけです。それをお財布に入れると、金運が上がると言われています。
お財布に、パンパンにお金が入っているイメージをさせるのがよいと言われており、模造(偽札みたいなものではなく、同じサイズの紙でよい)したお札をお財布に入れておくことで、本物のお札も集まってくるそうです。
※参考:現行の壱万円札のサイズは、縦76mm、横160mmです。

 

5.純金グッズ

お金の元である『金』を財布の中に入れておくことで、金運が上がっていくのはよく知られております。
純金はお金を呼び寄せると言われており、欠片でもいいのでシルクなどに包んで入れておくとよいそうです。
「お金は寂しがり屋なので、多くの仲間がいるところにいたがる」という話もあるくらい、お金を持っている人の元には、より多くのお金が集まってくるものなのです。

 

あとがき

ここまでの長文をお読み下さり、ありがとうございます。

まだまだ、金運アップのアイテムは多数存在します。
今回ご紹介させていただいたもののほとんどが、商品化されているものではなく、自分で手間をかけることで用意できるアイテムです。

わずかな時間とお金に対する気遣いを示すことで、すでに持っている財布が金運を招いてくれる最強アイテムに変身します。
みなさまに、より多くの幸運が訪れますように。

以上、「財布に入れると金運が上がるアイテム5点!」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。