尿を夢に見た時の5つの意味

尿を夢に見た時の5つの意味

尿についての夢を見られた方へ
尿というのは、体の各部位の老廃物や不要物、水分を体外に排出するための重要なものです。
このような尿の夢を見たことは、当然重要な意味を象徴しているに違いありません。
だからこそ、尿の夢を見たことを日常生活に活かしたいものです。
それでは、「尿を夢に見たときの5つの意味」へエスコートします。

 

尿を夢に見た時の5つの意味

 

①尿をしている夢

尿をしている夢を見たときのあなたの感覚で、大きく2通りの解釈ができます。以下の2つに分けて、みていきましょう。

  1. すっきりとした感覚
  2. 不快な感覚

≪すっきりとした感覚≫

尿をする夢を見たというのは、どちらかというと黙って内緒にしておきたい夢ではないでしょうか。
でも、すっきりとした感覚が残っているならば、心配はいりません。あなたが見た夢は良い夢です。
夢の中で尿は運気や財運、体調を象徴していますが、それらが好調であることを象徴しています。悪いものをあなたの中から排出することで、運気・財運が好転します。
体調が優れなかった人も、今後改善されていくでしょう。

≪不快な感覚≫

本来は体の中から悪いものを排出するので、運気が向上するはずなのです。ところが不快な印象が残っている場合は、体の外に出す必要のないものまでをも出してしまったことを意味しています。つまり、運気が逃げて行ってしまった可能性があるのです。
このような夢を見たときは、しばらくは慎重な行動に徹して新たなチャレンジは控えましょう。体調管理も普段より意識することが大切です。

 

②尿が出ない夢

トイレに行っても尿が出ないという夢を見てしまったら、誰しも困惑してしまいますね。その時、自分の体に異変が起こっていると気付くはずですが、まさにその通りなのです。
あなたの体から悪いものを排出できない状態とは、「気」の循環システムが機能していない状態です。必要なもの、良いものを取り入れて、悪いものを排出することで「気」は循環しています。それが機能していないので、運気・財運の低下や体調不良を招く恐れがあります。
そもそもこのような「気」の循環システムが機能しなくなったのは、過度なストレスが原因でしょう。ストレス事態は「悪」ではありません。「適度」なストレスは頑張るエネルギーになるからです。
でも「過度」なストレスは「悪」です。あなたは悪いものを溜め込み過ぎてしまい、排出できないくらい詰まっている状態なのです。
改善するには、歩みを止めてゆっくりと休むことです。そうすれば、徐々に「悪」を排出できるようになります。
まさに急がば回れの精神で、休むことです。

 

③尿意を我慢できずに漏らした夢

尿を漏らすなんて、最悪に思える夢ですよね。でも不思議なことに、思ったより不快な感覚がしない場合があります。不快なときとそうでないときとで、意味が異なります。その2つの感覚に分けて夢の意味を判断できます。

  1. すっきりとした感覚
  2. 不快な感覚

≪すっきりとした感覚≫

尿を漏らしてもすっきりとした感覚が残っているのであれば、運気の巡りが良くなっていることの表れでしょう。「気」の循環機能が回復し、悪いものがあなたの体から出て行き、あなたの中に新しい「気」が入り込みます。何か新しいことを始めたり、投資をしたりするのには良い時期です。好調の波にのり、勝負事も負けることはないでしょう。

≪不快な感覚≫

運気が下がる兆候です。排出する必要のないものまで排出してしまったせいです。金銭的にも窮地を迎える可能性があります。
ここは静かに、「気」の流れが回復するのを待ちましょう。運気が下降し、停滞する時期なので、守りの姿勢でいるべきです。

 

④尿をかける/かけられる夢

≪尿をかける夢≫

少々お行儀の悪い夢ですね。しかし、不快な思いをしながら尿をかけるということはないはずです。つまり、自分の意思で尿をかけている。これは、「気」の流れを自分でコントロールしているのです。運気は非常に良い状態と言えます。人に尿をかけているのなら、その人に関心が高いことの表れでもあります。関心の高い人に尿をかけるというのは、少々失礼な態度に思えますよね。これは一種の支配欲の表れだからです。振り向かせたいという願望が強いようなケースです。相手が異性なら、性的な関心の高まりということになります。

≪尿をかけられる夢≫

尿をかけられたときの感覚によって、2つに分けられます。

  1. すっきりとした感覚
  2. 不快な感覚

すっきりとした感覚。尿をかけられてすっきりとした感覚ならば、その相手を受け入れる準備ができているのです。相手が示す関心に応えることができるのです。運気全体としては、上昇傾向です。
不快な感覚ならば、他人の悪い気を浴びて自分の運気が下がり始めることの象徴です。顔見知りならば、その相手とは少々距離を置くべきです。
 

⑤血尿の夢

普通に考えると血尿が出る夢を見たら、驚いたりびっくりしたりしそうですよね。でもそうでない場合もあるのです。この夢の場合も、そのときの感覚で2つに分けられます。

  1. すっきりとした感覚
  2. 不快な感覚

≪すっきりとした感覚≫

血尿が出ても、何故だかすっきりとした気分になっている自分に気が付いたら、それは良い夢です。
とても悪いものがあなたの体の中から排出されたからです。その悪いものを排出するための自己犠牲として、血を流しているのです。
ストレスに悩まされて来た人にとっては、いよいよストレスから解放される時が来たと思って良いでしょう。
苦境に立ち向かってきた人や経済的に苦しんで来た人も同様に、報われる時です。大きく前に歩み出しましょう。

≪不快な感覚≫

不快な感覚が残っているということは、出す必要のないものが出て行ってしまったからです。そう、あなたの運気が大きく後退し始めます。経済的にも損失を覚悟しなければならないかもしれません。体調も崩しそうです。
全てにおいて、慎重に判断し行動することをお薦めします。
かと言って、何事にも消極的になる必要はありません。慎重であれば良いのです。

 

Editor’s note

いかがでしたか。
尿というのは、運気・財運・体調を意味しますから、尿の夢を見たことはあなたにとても大きな影響を及ぼします。ちょっとお行儀の良い夢ではないかもしれませんが、正反対のメッセージを含んでいますから、その意味を間違いなく受け止めましょう。そうすれば、人生をより豊かにすることができるはずです。ぜひ参考にしてください。
以上、「尿を夢に見たときの5つの意味」でした。関連記事もどうぞご覧くださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。