夢のクリスマスプレゼント? 驚きのダイヤモンドの指輪!

夢のクリスマスプレゼント?驚きのダイヤモンドの指輪!

クリスマスと切り離せないものは、何と言ってもプレゼントではないでしょうか?
贈りたいものや、欲しいもの、人それぞれあるかと思いますが、ここでは圧倒的な存在感の素敵な指輪をご紹介します!

夢のクリスマスプレゼント? 驚きのダイヤモンドの指輪!

 

1.オールダイヤモンドのリング

  • 価格:55億円
  • 大きさ:150カラット

まずご紹介したいのがこの指輪。
2012年に発表されたダイヤモンドのリングです。

ah_diamondring

スイスにある「Shawish」という会社が、世界で初の指輪を作り上げました。
画像をご覧いただければおわかりの通り、なんとすべてがダイヤモンドでできています。
金やプラチナの輪にダイヤがのっているのではなく、リングの部分もダイヤなのです!!
さらに、この指輪は一つの大きなダイヤモンドを研磨して指輪の形に仕上げています。つまり、元になっている原石も相当な大きさでないと、ここまでの指輪の形成は不可能なのです。
削った方の石だけでも、相当の価値のダイヤモンドが取れたことでしょう。

この芸術作品とも呼べそうなダイヤモンドの大きさは150カラットで、気になるお値段は6800万ドル(=約55億円)です。

動画もご紹介します。

「The World’s first Diamond Ring by Shawish – 3D Animation」

あくまでイメージ映像ですが、息を呑むような存在感を味わっていただけると思います。

2.ピンクダイヤモンドの指輪

  • 価格:88億円
  • 大きさ:59.60カラット

次にご紹介するダイヤモンドは、ひとつの宝石としては、史上最高額で落札されたピンクダイヤモンドです。

ピンクダイヤモンドの指輪

1999年に、ダイヤモンドの採鉱・流通・加工・卸売会社『デビアス』(De Beers)がアフリカで採掘したもので、原石の状態では132.5カラットだったそうです。
その後、シュタインメッツ・ダイヤモンズが、2年をかけてカット・研磨を施し、競売にかけられました。
このダイヤモンドは59.60カラットまで磨き上げられ、指輪に装着された状態での大きさは縦2.69センチ、横2.06センチで、重さは11.92グラム。
『ピンク・スター』と名付けられ、2013年11月ニューヨークのダイヤモンド研磨工のアイザック・ウォルフ氏によって、8300万ドル(約88億円)で落札されたのですが、代金を支払えないという事態に陥ったために、買い戻しとなってしまいました。
この『ピンクスター』は、現在「在庫価格」として、7200万ドル(約73億6000万円)とされています。

先にご紹介した「Shawish」のダイヤモンドよりも高価なのは、ピンクダイヤモンドの希少性や、このダイヤモンドの質自体が大変に素晴らしいためなのです。

 

3.ダイヤモンドの価値

そもそもなぜ、ダイヤモンドが高い価値を持っているのでしょうか?
簡単に言うと、3つの理由が上げられます。

  • 採掘量が希少
  • 採掘が大変
  • 加工が困難

採掘量が希少

そもそも、ダイヤモンドの採掘量自体、決して少なくはありません。しかし、それは宝石になる前の段階の原石の採掘量の話。その原石が磨かれることによって、宝石としてのダイヤモンドになります。
しかし、原石から宝石としてのダイヤモンドになる確率は、1割程度といわれています。そのため結果的に供給量が少なくなり、ダイヤモンドは高価になってしまうのです。

採掘が大変

ダイヤモンドは、地中150キロという、かなり深いところで生成されます。
しかし、人類の技術ではそこまで地中を掘ることはできません。
そのため現在では人類の手の届く範囲で探すという方法で採掘しています。
さらに、原石が存在している可能性の高いところを採掘するのに、大変な手間がかかります。そのため結果的にお金がかかり、ダイヤモンドは高価になります。

加工が困難

ダイヤモンドは非常に硬いため、加工するには手間がかかります。
ときには手作業での加工が必要になることもあるため、それがさらにダイヤモンドの価格を高価にしています。
加工作業にかかる費用も高額なのです。

このように、宝石として私たちの手に渡るまでにさまざまな工程を重ねているため、ダイヤモンドは高価なのです。
もちろん、繊細なカットが施されたダイヤモンドの輝きには、抗い難い魅力があります。
それには長年積み重ねられた人類の叡智も刻まれているのです。

 

最後に…

ここまでの長文をお読み下さり、ありがとうございます。

今回取り上げたダイヤモンドの指輪は2つと少なめですが、いずれもまだ、具体的な所有者は決まっていないようです。
このリング自体がとても希少で、クリスマスプレゼントとして送るには困難かもしれません。しかし、これらのダイヤにも負けない特別なプレゼントを特別な人に贈りたいものですね。

以上、「夢のクリスマスプレゼント? 驚きのダイヤモンドの指輪!」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。