カジノができたらどうなるニッポン? 気になるポイント3点


日本でもカジノで遊べる時代が来そうです! そうなった場合、私達の国はどうなるのでしょうか?
ここでは、カジノについて気になるポイントを挙げて、来たる新レジャーを正しく楽しむお手伝いをさせて頂こうと思います。


カジノができたらどうなるニッポン? 気になるポイント3点

 

1.カジノはいつできる?


2016年12月15日の未明、日本でのカジノ合法化を目指す「カジノ解禁法(IR推進法案)」が、自民党や日本維新の会などの賛成多数で成立しました。
2018年7月20日には、参議院本会議にて自民党・公明党・日本維新の会などの賛成多数で「IR実施法案」も可決・成立しましたが、カジノが日本に誕生するのは、最短では東京オリンピックが開催される2020年の少し後になると見込まれています。

なお、IRとは『Integrated Resort』の略であり『統合型リゾート』という意味で、カジノの併設を認める複合観光集客施設のことを示しています。

本来であれば、2020年の東京オリンピックで多くの外国人を呼び込み、カジノでもお金を使ってもらうことを視野にいれていたと思われますが、現時点でその計画は霧散したと言って良いでしょう。

 

2.メリット


唐突で、今更ではありますが、政府はなぜカジノを作りたいのでしょうか?
それは、当然メリットがあるからにほかなりません。
考えられるメリットとしては

・税収の増加
・国内のみならず、海外からの観光客を呼び込める
・新たな雇用の創出

が解りやすいところでしょう。

税収の増加

カジノができることにより、その地域に経済成長が見込めます。
観光客も増えることで、今まで以上に地域にお金が落ちていきます。カジノや、その周辺の施設からの税収も期待できるので、カジノを誘致した自治体の税収が増えることが予想されます。

国内のみならず、海外からの観光客を呼び込める

カジノができることで、観光客が増えます。
しかし、単純にカジノを作るだけで劇的に観光客が増えるということは考えにくく、カジノとコンベンションセンター(展示会などを行う複合施設)や家族で楽しめる動物園・遊園地などを一緒に作り、総合リゾートとして観光地の魅力を高める必要があります。

もちろん、映画館や、ショッピング、レストラン、ホテル、といった施設も必須でしょう。

そうすると国内だけでなく、海外からの観光客も訪れ、お金を落として行きます。
カジノだけでなく、周辺のさまざまな施設にその恩恵が見込まれます。
大きなお金が流れることは歓迎すべきことで、しかも海外の資金の獲得ができるという点でも意義のあるものと言えるでしょう。

新たな雇用の創出

カジノを含む統合型リゾートができると、先にも述べましたが、カジノだけでなく、遊園地・映画館・ショッピング施設・ホテル・レストランなども作られることが考えられます。
そうなると、多くの人の雇用が生み出され、その地域は経済的に大きく活性化します。
大きく収益を出した企業は、事業拡大を当然考えます。
するとさらに多くの人の雇用が生まれます。
さらに、日本ではMICE(M=企業会議、I=企業などの行う報奨・研修旅行、C=国際会議、E=展示会・見本市の頭文字を取ったもの)を併設した統合リゾート施設の開設・運営が予想され、地域経済の振興に寄与するものと期待されています。

このように、カジノができると多くの雇用が見込まれ、経済的な面から多くの好影響が予想されます。

 

3.デメリット


ここまでは、カジノができることによるメリットに焦点を当てました。
しかし、当然デメリットも存在します。

  • ギャンブル依存症の人が増える
  • 治安の悪化
  • 闇金融・裏カジノの増加

上記が主に懸念されるデメリットです。

ギャンブル依存症の人が増える

ギャンブル依存症については、国会でも一番懸念されていた部分です。
つまり、カジノができることイコール、ギャンブル依存症の人の増加が見込まれるということです。
ギャンブル依存症というのは、簡単に言うとギャンブルを止めたくても止められなくなり、ギャンブルよって日常生活に支障をきたしてしまうというものです。
アメリカの研究機関によると、カジノゲームをプレイする人たちがギャンブル依存症に陥る割合は1~2%という調査結果が出ているようです。また、割合には地域差(欧米、アジア)があり、アジア圏の人のほうが若干割合が高いようです。

治安の悪化

カジノ=ギャンブルと定義してしまうと、心配されるのが治安の悪化です。
カジノで儲けを出した人を目当てに強盗やスリをする人が出てくることが考えられますし、カジノで大損をした人がやけになって犯罪行為に走る恐れもあります。

また、日本は相当治安のよい国ではありますが、カジノ解禁によって海外の方も訪れるようになります。
海外からの利用客が訪れることによるアクシデントやトラブルが発生することも予想されます。

とはいえ、カジノができる場合には、同時に治安の悪化についての対策がとられることは間違いないでしょう。

闇金融・裏カジノの増加

カジノが解禁されることで、一般の人にもギャンブルに対する免疫ができます。すると、通常のカジノよりもレートの高い「裏カジノ」なるものが増え「こちらの方が儲かりますよ」という誘い文句で、通常のカジノにある程度慣れた利用者が流れていく可能性もあります。
このような裏カジノの資金は、反社会勢力に流れていく恐れが強くあります。
そして、闇金融はギャンブルとの相性が良く、ギャンブルに依存しつつも負け続けている人が容易に闇金融に手を出してしまうことは想像に難くありません。

つまり、カジノができるということは闇組織、反社会的組織にとってもビジネスチャンスなのです。

 

あとがき

カジノができることで、その地域、ひいては日本にとって大きな経済効果をもたらすことは間違いないでしょう。
その反面、ギャンブル依存症や治安に関する不安も否定できません。
しかしながら、カジノの誕生により、その地域が賑やかに、華やかになることを考えると、筆者はとても楽しみに感じています。
カジノの利用者各々が何事にも節度を持って楽しめるのであれば、デメリットの部分は回避できるのではないでしょうか。

日本でカジノができるとしてもまだ先の話になりそうですが、首を長くして待っていたいと思います。

以上、
「カジノができたらどうなるニッポン? 気になるポイント3点」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。