盆栽はお金がかかる!? 初期費用&維持費の一覧

DarkWorkX / Pixabay

いざ盆栽を始めてみようと思っている方へ

まず気になるのは、最初にどのくらいの費用がかかるのかということですよね。

樹木や鉢、その他にもどんなものが必要で、そのくらいのお値段なのでしょうか。
その相場とまずは用意しておきたいものをご紹介します。

盆栽はお金がかかる!? 初期費用&維持費の一覧

 

樹木そのものの費用

  • 種子:1000~2000円
  • 苗:~5000円
  • 盆栽:数万円〜数百万円

盆栽で育てる木を入手するための費用です。
大きく分けて、盆栽で育てる木は苗で入手する方法と、種で入手する方法に分けられます。
このうち、苗で入手する方法なら一般的な値段としては5000円まで、種子から入手する方法なら1,000円~2,000円で手に入れられます。
これらの値段はよく盆栽で使われる種類の場合で、珍しい植物はこれよりも高くなるでしょう。
中には、高いものでは数百万円もするものも存在します。
その他、最近人気を集めているミニ盆栽ならば、2,000円~3,000円くらいで買い求められます。

 

鉢および設備代

  • 鉢(プラスチック製):500円
  • 鉢(陶器性):1000円
  • 棚:5000円

盆栽を育てる上で必要になる、盆栽鉢や棚などの設備費用です。
鉢植えはサイズや素材によって価格が違ってきます。
最も安価な素材はプラスチックで、1辺30cmの長方形の鉢でも500円程度で購入できます。
その他の素材としては、素焼きの陶器と釉薬をかけた陶器などがあり、どちらもプラスチックより値段は高くなります。
陶器は素焼きも釉薬をかけたものも値段にあまり違いはなく、4号(口の直径が12cm程度)サイズで1000円もあれば十分購入できます。
盆栽用の棚には専門のものがないため、適したものを使用してください。
ホームセンターなどで5000円も出せば、十分なサイズのものが購入できるでしょう。

 

用土代および肥料代

  • 用土:500円
  • 鉢底土:100円
  • 肥料:500円

盆栽用の土は2L入り1袋で、500円未満の価格となっています。
もしも複数種類配合する場合は複数購入する必要があります。
また、鉢底土は1袋100円程度で売られている場合もあります。
2Lの土は6号(直径18cm程度)の鉢に少し足りないくらいの量なので、目安にしてください。
肥料は100g程度で500円しないくらいの値段で売られています。
盆栽では肥料はわずかしか使用しないため、とりあえず一袋あれば十分です。

 

道具代

  • はさみ:5000~10000円
  • 針金:1000円

樹形を整えるために整枝(せいし)という作業を行うことがあり、その時にはさみや針金が必要になります。
はさみは複数種類あった方が作業を行いやすいため、セットで買っておくと悩む必要がなく便利です。
盆栽に使う最低限の道具は、5,000~10,000円で販売されています。
盆栽用の針金は太さや長さで値段が変わってきますが、だいたい1巻1,000円程度です。

 

合計でいくら?

ここまで述べた道具をそろえれば、盆栽を最低限行うための準備ができます。
25,000円ほど用意できれば、最低限の品質よりもワンランク上のものが揃えられるでしょう。
その他にも盆栽が病気にかかったときの薬剤費などを入れれば、30,000円ほどになると思います。
趣味の初期投資としては多少高いかもしれませんが、いったん必要なものを揃えれば、あとは水道代くらいしかかかりません。
確かに盆栽は最初はお金がかかりますが、長く続けてもその後はあまり出費がないので、経済的な趣味と言えます。

 

最後に…

ここまでの長文をお読み下さり、ありがとうございます。

盆栽を始める際の初期費用は、選ぶ樹木と鉢の値段によってだいぶ違ってきそうですが、具体的な数字がわかると安心ですよね。
この記事も参考にして、盆栽という新たな趣味をスタートしていただければ幸いです。

以上、『盆栽はお金がかかる!? 初期費用&維持費の一覧』でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。